スポンサーサイト
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
【砦蟹街】カニと私2
2007-10-14 日
街蟹太刀

今日も街襲撃のシェンガオレンにいってきました

まずは太刀にて挑んでみました
スキルは『火事場』です、デターーー!
武器は、こないだの灰ラオでやっと作ることができた『龍刀【朧火】』です
まず1回目の挑戦…
戦闘時間30分ちょっとまで粘るも、無情にも拠点を破壊されてしまいました…
「しかし、脚怯みに必要なダメージは把握した、次はいける!」
ということで、2回目にて成功です
太刀もなかなかいける方だと思いました
鬼刃3まで入れる斬りまくりがあるので瞬間火力が悪くなく、怯みキャンセルはやりやすい武器ですな

そして次は片手剣でいってみました
スキルは、そのまま火事場です、おういえ!
武器が何がいいか迷いました
まず黒滅龍剣…マイナス会心があるので、同じ攻撃回数でもダメージにバラつきがありそうで怯みキャンセルが安定しなさそう、ということで却下
じゃゴールドマロウ…うん悪くない、しかし青ゲージは一応あるが短すぎるので、ほぼ緑、このちょっとある青ゲージによって攻撃回数にバラつきがでるかも?
もう一つの選択肢イフリートマロウ…青ゲージがないけど攻撃力はゴールドマロウより高いということで火事場との相性は良さそう
ということで「うん、君、採用」とイフリートマロウにすることにしました
そして結果は耐久値ギリギリでしたが1回目で成功です
怯み値までの攻撃回数がかなりアバウトでしたが片手剣の機動力のおかげで、移動中の脚へ攻撃しやすく、ダメージ管理をミスってしまった場合でも立て直しがしやすかったかなぁと

<ネコメシ>共通
寒冷期:ジャンゴーネギ+銀シャリ草

<アイテム>共通
回復
回復G
爪護符4つ
こんがり肉
ペイントボール
千里眼の薬
モドリ玉
砥石
キレアジ
大タル爆弾(火事場用)
小タル爆弾(火事場用)

・太刀=龍刀【朧火】
スキル:火事場力+2、アイテム使用強化
討伐時間:39分ぐらい
☆内容など☆
まず例によって支給のバリスタと大タルGを回収
そして、バリスタで攻撃→モドリ玉→バリスタ採取→バリスタで攻撃、のコンボ
シェンが進入してくるまでの待ち時間で火事場発動
エリアへ入ってきたら左前脚への粘着攻撃を開始します
支給品の大タルGは、すぐに脚を赤い状態にしたかったので、シェンの進入時に使いました
まずは攻撃回数は気にせずに、とにかく攻撃して1回ダウンを奪ってから怯み値までの攻撃回数を計測
この間に鬼刃ゲージも溜まるので丁度いいです
使用した攻撃は、踏み込み斬り→鬼刃→鬼刃2→斬り下がり、をメインの連携にして、それ以外の攻撃は使いませんでした
非怒り状態なら、これを5セット入れておくと6セット目に怯むようです
怒り中なら、7セット目の途中ぐらいで怯むっぽいです
でも、最初から怒り状態の時に数えるのと、途中から怒った場合とかでも微妙に変わってくるので、どっちの場合にしても怒り中であれば5セット+2~3発でストップさせてました
もちろん毎回きれいに1セット入れられる訳ではないので、その辺りは微調整
拠点攻撃の時には、踏み込み斬り→鬼刃1→鬼刃2→鬼刃3で一気にダメージを稼げるので攻撃回数については意外とアバウトにやってます
まあこの辺は感覚に頼っているのですが、やりながら必要な攻撃回数が分かってくるので、そこまで理詰めでいかなくても、感覚でなんとかなるもんです
砥石はシェンが立ち上がって脚へは十分なダメージが蓄積されている時などの待ち時間に使用
そんな感じで、そこそこ怯みキャンセルも成功して、耐久値20%で無事クリア

・片手剣=イフリートマロウ
スキル:火事場力+2、砥石高速、アイテム使用強化
討伐時間:38分ぐらい
☆内容など☆
これも最初の流れは太刀の時と全く同様です
左前脚への攻撃もダウンを奪うまではテキトーに攻撃
そしてダウンさせてからですが、斬り上げ→1→2→回転斬り、の連携を1セットとすると非怒り時だと8セット目に怯むようです
怒り中だと9セット目に怯むっぽいです
ダウン中であれば、ずっとこの連携で数えられますが、移動中などはジャンプ斬りからの連携から入るので、その辺はジャンプ斬り分の余分な手数を踏まえた上で手数を調整しました
耐久値が20%まで下がった時に脚に蹴られて1死
急いで戻り撃竜槍を「オラー」とかましてから、わざと脚に蹴られて火事場再発動
その直後に耐久値10%ギリギリで、からくもクリア
砥石高速は、きちんとダメージ管理ができる方であれば必要無いと思いますが、あると少し便利でした
斬れ味ゲージの色を強引に一定に保つことで、より必要な手数が安定してくるし「今のタイミングで、どうしても手数を稼いでおきたいけど、斬れ味が落ちてて攻撃の回数が不安定になりそう…しかし研ぎ時間のロスは痛い」という時でも、強引に研いでいけます


総じて、自分の場合どの武器でもそうですが、理論的なダメージ数値に基づいての手数というより、かなり感覚で勝負しているので上で挙げた攻撃の回数分とかは間違っているかもしれません(笑)
なんか、うまく説明できないのですが、まず自分の中で攻撃回数の基準を設定しておいて、その基準でやったつもりでも蓄積値が足りなくて拠点を攻撃されてしまったり、まだ蓄積値が足りてないと思っていたのに早くに怯ませてしまたっりするので、その失敗を参考にして、やりながら微調整していくといった感じですかね…
もちろん、通常状態か怒り状態か、も踏まえての微調整です
通常時と怒り時の見分けはちょっとしづらいですが、慣れてくると見分けられるようになります
シェンの動きが大分速くなるし、通常→怒り、の切り替わる時はテオみたいに怒りキャンセルが起きてコマ送りのようになるので、すぐわかります


そういえば、粉が欲しかったので、久しぶりに求人でテオをやりました
もちろんでませんでしたがねorz
そして、相変わらず錆びクシャへソロで挑みましたが、あのザコの多さはなんなんだ!?
もうアホかと…
どこからともなくカッ飛んでくるイーオスと執拗に追いかけてくるガブラスはまるでヒットマン…
まあクリアできないことはないけどさ…
「ちょいと旦那、このクエはソロでやっちゃあいけねぇぜ、ストレスが溜まること請け合いだ、イーオスとガブラスはやばすぎる、そう奴らは北斗神拳を使う…」


別窓 | MH2ソロ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【砦蟹街】カニと私3 | 生きるだけで精一杯 | 【砦蟹街】カニと私>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 生きるだけで精一杯 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。