スポンサーサイト
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
天才を見た
2007-10-09 火
そうあれは昔の話…

中学1年のときに遠足で川越までいくことがあり、内容は観て回る箇所がいくつか決まっていて、そこを班に分かれて各班ごとにルートを自分たちで設定して各所を巡るといった趣旨のものであった

当時、私は“ナイフみたいに尖っては触るもの皆傷つけた”とまではいかないが、多少、トンガリキッズな子供だったので、「くだらね~」と、不遜な態度でダラダラと川越の町を歩いていた
しかしながら、土地勘が全く無いために“川越観光”という遠足の趣旨に対する関心とは無関係に自然と必要以上にキョロキョロとしてしまうものだ
そんな感じで何気なく辺りを見渡した瞬間、私の目に驚くべきものが飛び込んできた
それは、まさに空前絶後!驚天動地!
鬱屈していた気分から何かに覚醒させるかの如く、私の中の何かを刺激したのであった

それは、どこでも見られるような壁に貼られた選挙のポスターで、人物は民主党の『菅直人』氏であった
そこには信頼感を漂わせ安心感を与えるような表情の氏の写真が載っており、その左側にはゴシック体の白い文字で大きく“菅直人”と縦書きで記されていた
と、ここまでは、いたって普通の選挙ポスターなのだが、心無い人の仕業なのであろう、そのポスターに落書きが施されていたのである
しかし、その落書きは教科書の人物写真に対する落書きのような低俗なものではなく、大胆且つ、非常にシンプルに名前の部分にこう施されていた

『ち菅直人と』

いたってこれだけの落書きである
一見この意味不明に見える文字を書いただけの落書き
しかし、一度声に出して読んでみたらどうであろうか…
まず全て平仮名に変換してみるとしよう

『ちかんなおとこ』

もう既にこの時点でお気付きであろう
さらに変換してみるとする

『痴漢な男』

なんという高尚な落書きだろうか
これを書いた本人は相当の切れ者だろう
かなりの天才である
私はこれを“知らない土地”で発見したということが相乗効果にもなって
「世の中にはスゲー奴がいるもんだ、世界は広い…」
と、この時に受けた衝撃は今でも私の中に爪痕を残している

別窓 | バカコラム | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
<<【金桜竜】サムライ道 | 生きるだけで精一杯 | 【双魚竜】かわいがり>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

自称プロの痴漢男U氏が繰り出す痴漢電車! 本当に電車に乗り込んで狙った女性に痴漢の限りを尽くす! …
| 生きるだけで精一杯 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。