スポンサーサイト
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
やっと
2010-02-13 土
観終わりました
『攻殻機動隊SAC』
ええ、1期2期両方観ましたよ

でも、一気に観たわけではなく、なんとなく気が向いたら~で、ちょこちょこ観てたので、観始めてから大体1年ぐらいかかってるかしら。。。

というわけで、軽く感想でもー
ネタバレあるから以下自己責任で


まず、やたらと評価が高い本作

ふむふむ確かに、とてもクオリティが高いですね
とにかく、その徹底的に構築された世界設定
もちろん現代とは違う世界ですが、近い将来、「こんな時代がくるのかなー」なんて思いながら観てると、それだけでワクワクしてきます

実は、子供の頃からの僕のささやかな夢は、両方に腕にブレイドを内蔵させることなんですよね
僕も早く義体化したいものです

さて、脱線しましたが、僕は2期の方が断然よかったですよ
扱う事件は、1期の方が好みですけどねえ
2期の事件はあまりにもスケールが大きすぎて。。。

でも、全話の構成や伏線の張り方などでは、2期の方が好みです

1期は、ちゃんと伏線は含んでいるものの、『笑い男事件』を本流とするならば、その本流から逸れて独立している話が多すぎるかなあと
あくまで、『公安9課の活躍』というのを本流として、『笑い男事件』がそれを盛り上げる要素、とも見れるのですが、それはそれでやっぱりバランス悪いかなあ、なんて思いました

それに対して2期
こちらは『個別の11人事件』から始まる流れが最後まで途切れずに続いていてテンポがよかったですよ

まあ、これは取り扱っている事件の性質上仕方無んですけどね。。。
あと1期は、やはり最初ということで、ある程度世界設定や公安9課自体に焦点を当てないといけないのも仕方ない点ではありますかね

というわけで断然2期な僕ですが、でも、2期の最終話のタチコマの歌。。。あれは無いだろ。。。
せっかくのクライマックスがズコー
もったいないのう、もったいないのう
あーもどかしい
すごくいい作品なのにもったいないなー

なんだろう、例えるならば。。。

セクシーさを演出する口元のホクロ
唇との位置関係、大きさ、ともに絶妙
しかし、そのホクロからは、あらまあ!ホクロ毛が生えちゃってるよ!

そんな感じ
そんな毛は直ちに永久脱毛してしまいなさい!

それではまたー

別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<理想的な女性像 | 生きるだけで精一杯 | 駄作だと思う>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 生きるだけで精一杯 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。