スポンサーサイト
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
(´・ω・`)
2009-11-28 土
うーん、終わっとる
何がって、Xbox360が

カルドセプトサーガのカードが大分集まったので、オンラインで揉まれてみようと、ついにオンデビューしてみましたが、金曜のゴールデンタイムなのに人が10人ぐらいしかいない。。。
部屋に入ってマッチングしようにも、なかなかメンバーが集まらず、待ちきれなくて僕はオンを退出したのでした

それでは、と、別のゲーム、『旋光の輪舞(ロンド)』という、格闘シューティングゲーム(?)で、オンライン対戦で遊んでみようとするも、マッチングまではいくけど、過疎っていてなかなか相手が入ってこないことがザラなのか、おそらく別のことをしているか放置状態で、そこから待てども待てども相手がゲームを開始してくれない
仕方ないので、やっぱり待ちきれなくて僕はオンを退出したのでした

どちらも、旬のゲームではないけど、類似ゲームのない特徴的なゲーム
一応カルドの最新作はDSで出ているけどリメイクだし携帯機
センコロは現在新作がアーケードにて稼動中で、この旧作の移植は箱のみ

なので、そこまで過疎っているとは思っていなかったけど、どうやら僕の考えは甘かったようです
どちらのタイトルも、海外向けのタイトルではないので、やっぱり日本における圧倒的なシェアの少なさは痛すぎる

実際に、箱を買ってみて思ったことは、ゲーマータグシステムとか、オフ専のゲームがほとんどないところとか

『オンラインをメインに見据えた展開』

ギャルゲーが多いとかそんなことよりも、これが一番の魅力だと思うのですが、日本でのあまりのシェアの少なさに、この最大の売りである部分が、いまいち機能していないように感じました

ちなみに洋ゲー&海外にもユーザーが多そうなタイトルが好きな人なら、これが世界規模なシェアに広がるし、旬ゲー以外でも、ここまで過疎ってる事態はなさそうなので、存分にそのオンライン機能を楽しめそうではありますが。。。

でも、僕洋ゲー好きじゃないし。。。
どうも雰囲気が肌に合わない、というか色んな意味で萌えない
というか、そんなことよりも、3D酔いでまともにプレイできない
じゃあ、なんで箱買ったのよ
カルド、センコロ、アイマス、etc。。。それらのゲームが遊べたからいいじゃない
大勢におけるマイノリティ指向?うんそれもあるかもしれない

だらだらととりとめもなく、グチのようなことを書いていますが、要は何が言いたいのかというと、

「洋ゲー&ギャルゲーマニア以外は、箱は買ってはいけない」

つまり、こういうことだ
年末にはFF13でPS3がいよいよシェアを伸ばしそうですし、とにかく日本での箱は終わっとる
さようなら、チーン


最後に花を添えて、センコロのペクチャンポです

ペクチャンポ

かわいいのうかわいいのう

ペクチャンポフィギュア

フィギュアもあるんだよ
ギャルゲーじゃないですってば

別窓 | ゲーム全般 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<未完 | 生きるだけで精一杯 | きのうは上下したの(BlogPet)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 生きるだけで精一杯 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。