スポンサーサイト
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
【ストⅢ3rd】攻略してみよう3
2009-10-31 土
なんとなく書いてみた3rd記事が、ちゃんと続いているので、カテゴリ分けしようと思った
いや、目次でいいか
そうだね、今後増えそうならそうしよう

ではでは、いよいよ

『中足ヒット確認→SA』

についてです
ちなみにこれ、すんごく難しいです
もう難しいとかそういうレベルじゃない
もしかしたら人によってはいくら練習しても出来るようにはならないかもしれない
そんな僕も、ちっとも安定しないので、これは練習していきたいと思っているところ

人によって練習方法は違うと思いますが、そんな僕の練習方法を解説してみましょう
「自分は出来る子!」
と、自らを励ましながら練習していきましょう


1. トレーニングモードでCPUをランダムガードにして、中足を当ててみる
まず、いきなりヒット確認キャンセルSAなんて、よほど格闘ゲームに慣れていて、尋常ではない反応速度の持ち主でなければ出来るわけがないのです
いきなり最後までやろうとすると、「僕には無理だよ。。。」なんて、出鼻をくじかれることになりかねません
なので、まずは軽い気持ちでひたすらブンブンと中足だけを当てていき、ヒットorガードを見分けるだけ
その時の状況を見て、
「当たったーorガードされたー」
と、最初はゆっくりでもいいので判別していき、徐々に早く判別できるようにしていくだけ
判別するだけなら簡単なハズ
相手の食らいモーションで判断するもよし
ヒット自の音で判断するもよし(ただし、こちらは音量設定の小さいゲーセンだと、よく聞こえない場合もあるけどー)
ここでは、まだSAのレバー入力やボタン入力は必要ないです

2. キャンセル可能と不可能の境界のタイミングにあたりをつける
次は、いよいよSA入力もします
でも、まずは一旦、ノーガードでもオールガードでもいいので、CPUのランダムガードを解除して、キャンセルタイミングをおぼえます
正確なフレーム数はわかりませんが、キャンセルタイミングというのは
『技がヒットした瞬間~○○フレームの数フレームの間ならキャンセル可能』
というようになっているので、それの猶予時間ギリギリのところ、さらにキャンセル不可になるフレーム、という境目を、なんとなくでいいので探ってみましょう
こればっかりは何回もやってタイミングをなんとなくおぼえるしかないので、ひたすらやるしかないです

3. 上でなんとなくおぼえたタイミングを手癖になるまでひたすら練習する
さて、いよいよ手が無意識に動くように馴染ませていくわけですが、一連の動作を手癖として染み込ませてしまうのがいいと思います
個人的にオススメなのが、
『中足→ギリギリキャンセルがかからないタイミングで最後までSA入力』
これを、完全に手癖になるまで練習するのがオススメ
どうしてかというと、やはりガードされているのに漏らしてしまうのが一番ダメなわけで、この入力をしていると漏らすことがないからです
そして、ヒットを確認できた時だけ、ボタンを早めに押せばいいんです
もし、ヒット確認できたけど、ボタン押しが遅れて中足単発になっちゃった、とかでも全然問題無し
それは慣れてくればちゃんと反応できるようになるんじゃないかな、とか思ってるけどどうでしょう
このやり方ほんとにオススメなので、試しにやってみるといいです

4.トレーニングモードでCPUをランダムガードにしてやってみる
というわけで、3のことを踏まえていよいよ“中足ヒット確認→SA”の練習
お漏らしダメ絶対


さらっと解説してみましたが、こんな感じです
軽く補足すると、まず『ヒットorガード』これを確認するだけなら簡単なんです
何が難しいって、確認した上で、それぞれに伴った動作を選択しないといけないこと
『(コマンド入力仕込みは前提で)ヒットしていたらボタンを押すorガードされていたらボタンを押さない』
こうなるだけでほんと難しい
だから、“中足→ギリギリキャンセルがかからないタイミングで最後までSA入力”というのは、片方の動作は手癖にしてしまおうという方法なのです
『ヒットを確認できたら落ち着いて早めにボタンを押すorヒットしていない場合はいつもの手癖どおり』
ヒットするかどうかだけに集中すればいいんです
前者よりも絶対にラクなハズ
その理由は、説明するとなると面倒臭そうだし、うまく説明できそうにないので、触れるのはやめときます
脳の働きについて詳しい人に聞くのがいいよ!

まあ、こまけぇこたぁいいんだよ!ということで、またね!

別窓 | ゲーム全般 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<リアリティ | 生きるだけで精一杯 | 復活したよ(BlogPet)>>
この記事のコメント
中足ヒット確認の猶予って確か12F、0.2秒ですよね。
そして確か、人間の反応限界が0.17秒。
3rd好き達の間でも実戦投入の可否はよく話題に上っていますが、
個人的にこれはもう出来ない物と割り切ってます…
でも、経験と共に、単純な反応じゃなく反射行動になれば確率上がるのか…?

うん、でも今はそこに集中するより基本を頑張ろう。
単発仕込みとか状況確認、可能と言われる中でも特に難しい立ち確認や連携中の
確認ノーキャンセルSAなんかは習得したいのう。
私は身の丈にあったテクニックの中で戦術を作ろうと思います。
しかし、ジロさんならいつか単発確認余裕でした^^って言いそうで怖い。

個人的には、練習方法が参考になりました。
目押しなんかの猶予がシビアな行動では、こういう段階を踏んだ練習法は役に立ちそう。
ずらし押しも雑だし、練習しつつまだまだやることいっぱいだぁ。
2009-11-04 水 | URL | sinc #-[ 編集] | top↑
>sinc様へ

うん、こんなこと書いておいて実はあれなんですが、
僕は、どうやらやっぱり、ヒューゴが肌に合っているようで、
中足ヒット確認とかは、あまり関係ないのでした

ちょっと練習してみた感じの感想だと、
おそらくこの方法がやりやすいだろう、という
かなりいい加減な記事だったのでした

でも、あくまで、入力や操作面で、すでに仕込み入力が、
無意識に手癖に身についていれば、
実戦では、状況確認も出来るため、
トレーニングモードの完全にランダムガードでやるよりも
簡単なハズ

ちなみに、僕も、単発ヒット確認は、
そこまで重要なテクニックではない、と思ってます
チュンリーの中足とかは、ともかく、胴着系の中足から、とかは
それこそ、もう、大道芸レベル

でも、やっぱり、ヒット確信でも、お漏らしでもいいので、
『単発ヒット→SA』この選択肢がある、と、
相手にプレッシャーを掛けるのも大事かな、なんて思ったりしますよ!


2009-11-04 水 | URL | ネコエサ #MsJ8A4vY[ 編集] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 生きるだけで精一杯 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。