スポンサーサイト
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
謎の毛
2007-07-12 木
君は“ウン毛”というものを知っているか?

小学校の下校中に、その存在を知った
夕闇迫る家路への帰り道、いつもと同じよく知っている風景
ふと、道路の脇に視線を落とすと、そこには、犬の仕業であろう、ウンコが放たれていた
状態は、大分時間が経っているか、少なくとも新鮮では無いであろうことは、容易に判断できた
これも、よくみる風景
しかし、すぐさま何か奇妙とも言える違和感が自分の歩みを妨げた
その違和感の正体というのは、おおよそ判断はついていたが、それを明確にしてしまうのが、非常に恐ろしいことの様な気がして、無意識に視線を逸らしてしまう
それでも、恐怖心と好奇心が混ざった感情で、それをまっすぐに凝視した

それは、水分を大分失った表面から、何本かの白い毛のようなものが、一円玉ぐらいの束になって生えていた
それは、たまたま偶然に毛束が風に乗って、そこに乗ったというものではなく、確かに中から生えていた

『ウ、ウンコにも毛が生えるんだ!』

このとき初めて、ウン毛という存在を知ったのである

その後も、たまにウン毛を見ることはあったが、最近になってからは、かなり長い間、ウン毛を目にしていない

「それは、犬が自分の毛を、たまたま食べちゃって、それが消化されないで、でてきただけだよ」
というツッコミに耳を貸すつもりは毛頭無い

だって、ウンコには毛が生えるんだよ!
すごいぞ~、ウン毛は本当にあったんだ!


別窓 | バカコラム | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<新興宗教万華鏡 | 生きるだけで精一杯 | 紳士な髪型>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 生きるだけで精一杯 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。