スポンサーサイト
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ガンナー小僧4
2007-11-14 水
なんだか、意外と読んでくださる方が多いようで、有り難い限りな訳ですが、それに反比例するかのように、だんだん雑になっていく描写
ま、そこに重きを置いたモノでもないので、例によって
「ま、いっか。」
と、テキトースキルが発動…

しかし、頭の中だけにある儚く不確かな妄想の世界を、文字を書くだけで確かな物質世界へと再構築できる作業は昔から大好きだったりします
ということで、ホントに私的な自己満足記事なのです

不定期連載
『ガンナー小僧免許皆伝』

第四話 ~始動~

<前回の続き>
謎の凄腕ガンナーの弟子となったガンナー小僧
いよいよ修行の日々が始まることになったが…


大衆酒場は相変わらず数多のハンター達で賑わっていて、知り合ったばかりの二人も、その賑やかさに色を添えていた。

「よし!まずは何の修行だ?早くクエに行こうぜ!あ、そういえば名前聞いてなかったよな。オレはノヴィだ。あらためてヨロシク頼むぜ!」

ノヴィは期待で高鳴る胸の内を抑えきれない、といった様子で男に向けて親指を立てた。

「私の名はドラガンだ。そんなことよりも、お前に渡すものがある。まずこいつを使え。」

ドラガンは素っ気無く答えると、背負っていたものを無造作にノヴィに向かって放り投げた。
突然それを投げられたのでノヴィはうろたえて掴み損ないそうになったが、かろうじてそれが床に落ちる音を聞く直前に両手に納めることができた。
そして、あらためてそれを確認して、さらにうろたえた。

「っておい!こりゃアルバレストじゃねーか!今更こんなオモチャで戦えってのか!?」
「うむ。すぐそこの店に売っていたのだ。貴様にはおあつらえ向きだと思ったのでな。」
「いくらなんでもそりゃねーだろ、おっさん…。オレの実力って、この銃レベルってことかよ…トホホ。」

ノヴィは、おどけながらも肩を落とした。

「ハハハ!なに、そう悲観するな。まずは銃の性能など、どうでも良いのだ。よいか?そんなことよりもガンナーにとって最も大事なことがある。何だと思う?」

そう言うと、ドラガンは片眉を上げ薄目でノヴィを見据えた。

「んー?敵の肉質とか、弾の性能についての知識かな?ガンナーは知識8割って、よく言うじゃねえか。」
「うむ、それも大事だがな。だがもっとさらに基本的なこと…それは敵の攻撃を喰らわない回避テクニックだ。ヘビィボウガンにはシールドがあるが、あんなものは気休めに過ぎん。貴様のディスティのシールドのくたびれ具合をみれば、回避が疎かなのは容易に見て取れる。そして銃の性能が良いということは、敵との戦闘時間が短くなり攻撃を受ける機会も減るということだ。そこで、最低の性能のアルバレストで、最大限に時間を掛けて敵と戦い、まずはみっちりと回避のテクニックを身につけてもらうぞ。」
「えええ~!?オレは修行っていうからには、もっと奥義みたいなものを期待してたのになぁ…そんな地味な特訓なんて、やってらんねえよ…。」
「そうか。なら貴様に用は無い。さらばだ。」
「えっ?あ~、ちょ、ちょ待って、待ってってば!…ちぇっ…わあったよ。言われたとおりにしますよっ…と。」

何の執着も無い素振りで、その場を去ろうとするドラガンを慌てて呼び止めたノヴィは用事を押し付けられた子供のようにふてくされ、小声でブツブツと不満そうに独り言を呟きながらも消耗品売り場の方へ向きを変え弾を買いに行こうとしたが、すぐさま今度は逆にドラガンに呼び止められた。

「おい、待て。ちなみに、一つだけ付け加えると、LV1の通常弾以外は使うな。もちろん罠や爆弾も論外だ。」
「まじかよ!?アルバでLV1通常弾縛りだって?そんなんじゃ時間内に敵を倒せねえぞ?」

ノヴィは冗談じゃない、といった態度でその無謀な提案について抗議した。

「討伐など、どうでもよい。最初から言っているだろう。いかに攻撃を喰らわないで戦い続けられるかの修行なのだ。そうだな、とりあえず下位のゲリョスあたりでいいだろう。では、さっさと支度をして、さっさと行ってこい。」

そうせかしたドラガンは「では、私はここで一杯やっているとするか。」と、すでに酒場のフロアを忙しそうに右往左往する店員に声を掛けようとしていた。
それに対して、「はいはい。分かりましたよ…。」と観念した様子のノヴィという、いよいよ修行の内容事項が決まった、という二人だったが、落ち着きかけたその雰囲気に、もう一人の誰かの声が波紋の様に広がった。

「へえ~。なかなか面白そうなコトやってるじゃないの。」

その声に反応した二人へ、続けざまに、その声の主は語りかけてきた。

「悪いな、盗み聞きするつもりは無かったんだがよ。興味を引かれちまってな。どれ、おれっちにも詳しく聞かせてくれよ。」


~つづく~

別窓 | 読みもの | コメント:7 | トラックバック:0 | top↑
<<【四本角】やっつけ仕事 | 生きるだけで精一杯 | 【MH2】装備紹介>>
この記事のコメント
こんばんわぁ~^^ノ

連載たのしみにしている某ガンナー小娘ですw
アルバで修行ですね~^^
わくわくしちゃいますね!
通常L1はどうかとw

カプコンに投稿しちゃいましょうよ~^^
妙な終わり方で続きが気になる~~~!
2007-11-15 木 | URL | ひな #-[ 編集] | top↑
>ひな様へ

いつもありがとう^^

なんか、そんなに長く書くつもりはなかったんですが、すごく長くなりそうです;;

また、近いうちにシレっと書きますネ
2007-11-15 木 | URL | ネコエサ #MsJ8A4vY[ 編集] | top↑
はじめまして。
ガンナー小僧、ひっそりと楽しみにしているものです。
毎度ながらいい所で切りますね(笑)
続きが気になります。
2007-11-15 木 | URL | ブレット #k8dOeV6Y[ 編集] | top↑
>ブレット様へ

おはようございます^^

そしてご来訪&コメント、ありがとうございます!

はじめまして。。。ですが、ソロwikiにて、その凄まじい狩猟録には、いつも感嘆させられておりますヨ^^

そんな!楽しみだなんて。。。
なんだか緊張しちゃいます><
ということで、えと、プロット見直しますね(笑)
2007-11-15 木 | URL | ネコエサ #MsJ8A4vY[ 編集] | top↑
おれっちも続きが気になりますよ!

昨日はささっと落ちちゃってすいません。
あのあと子供が全然寝てくれなくて大変でしたw

たぶんネコエサさんに爆破されたのがおもしろくって、私が笑ってたから起きたんでしょうけどw

あのタイミングはナイスすぎでしたw
クエスト失敗でしたが、おもしろかったっすね~
またみんなでやりましょーねぃ♪

しかしラグがひどいクエストでしたなぁ・・・
2007-11-15 木 | URL | XYZ #-[ 編集] | top↑
>XYZ様へ

ありがとうございます!

しかし、おれっち。。。ってw
私的にちょ~ツボに入りました(笑)

いえいえ全然気にしないでください
リアル>ゲーム
ですからね^^b

あの爆破事故は、やった本人も大爆笑でしたw
こちらには、一旦引いたように見えたんですがね。。。;;
ラグ恐ろしや((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル
2007-11-15 木 | URL | ネコエサ #MsJ8A4vY[ 編集] | top↑
こんばんわぁ~^^

宣伝で~す!チリンチリ~ンw
http://monmusuhina.blog20.fc2.com/

記事に関係なくて申し訳ありませんが
お邪魔なようでしたら削除してください><;

もう勝手にリンク貼っちゃいました♪
2007-11-15 木 | URL | ひな #-[ 編集] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 生きるだけで精一杯 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。