スポンサーサイト
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ヌコキタ!
2007-10-31 水
ニャンコ先生

知り合いから頼まれて短い間ですが預かることになりました
それにしても、かわいいのうwwwwwかわいいのうwwwww


男の子だし、生後半年ぐらいみたいなので、かなりヤンチャです
ちょっと目を放したスキにモニター用のヘッドホンのコードを噛み千切られました…
15000円ぐらいしたやつなのに…TT

でも、かわいいから、まあいっか^^
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
【祖  龍】埋め作業ブルー
2007-10-30 火
祖龍ヘビィ

祖龍ヘビィいってきました

まずラオが20時までだったので、いそいでギリギリ滑り込み火事場ディスティでやりましたが、ハイ撃退!ハイ残念!
そしてラオは帰ってしまったので、そのまま、火事場装備で武器を“ヴォルキャノン”に変えて祖龍へいきました
1回目、3死…で2回目クリア

なんだか、あんまり面白くないクエでした…

詳細です~

<ネコメシ>
繁殖期:ミックスビーンズ+ブレスワイン

<アイテム>
調合書1~4
力の爪、護符
栄養剤
こんがり肉
モドリ玉
通常弾LV2
貫通弾LV1、2
拡散弾LV2
カラ骨x99
ランポスの牙x99
ハリマグロx30
カラ骨(小)
竜の爪
大タル爆弾Gx2
小タル爆弾x10

・ヘビィボウガン=ヴォルキャノン(パワーバレル)
スキル:火事場力+2、装填数UP、アイテム使用強化、悪霊の加護
討伐時間:36分ぐらい
☆内容など☆
まず脚に蹴られて体力を調整して火事場発動
そして、ただひたすら貫通弾を顔へ
最初にLV2から使って、使い切ったらLV1で
開始13分ぐらいで2回目の怒り
ここから硬化までのタイミングがよくわからないので20分になるまで貫通を撃ち続け、それ以降は爆弾も使いつつ、ひたすら拡散撃ちへ
拡散も使い切ったので、貫通1で攻撃してたら36分ぐらいで死んでくれました
通常弾は必要なかった…
途中でウネウネを喰らって1死しました


う~ん、なんかつまらないクエです
火事場だったのがいけなかったかな~

そして、なんだか最近モチベーション低下中…
リスト埋めを始めちゃった為に無理やりやってるけど
自分の中で“やればクリアできるだろ”みたいな位置づけのクエだと、ただの消化クエで、全然楽しめてないな~
そういうクエだとクリアしたことろで全然達成感ないしね…
“今の自分ではクリアできないだろう”というクエの方がクリアしたら、やっぱり達成感あるよね

これから、ちょっとキツそうな装備でやっていこうかな~
とか考え中です

別窓 | MH2ソロ | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
ねむ~
2007-10-29 月
月曜日の夜は、ソロリストの埋め作業しながら月9ドラマ『ガリレオ』を観るのが習慣になっているわけですが今日は祖龍へ太刀で行き、2回続けて失敗
どっちも硬化解除までいっての3死と、もう心が折れました…
ガリレオ観て、スマスマまで観ちゃったYO!

太刀はなんだか咆哮を危険な位置で喰らいやすくて、咆哮を受けて死にまくりました
連携の最後に斬り下がりを入れようとすると、どうもびみょ~な位置取りになって、かといって手数を減らすのも時間足りなくなりそうな感じでイヤなもんですな

ま、明日やってみると意外にコレがころっとクリアできたりするので、今日は眠いから早く寝ようzzz

そして『ガリレオ』3話です
“びみょ~”だの何だの言って、なぜか見続けちゃってますよ
なんで、びみょ~なのかを考えていこうということで今回までで感じたこと
とりあえず、今の段階で柴咲コウの役が、あまりにも魅力が無い…というかキャラ設定が浅いかな、と
どうやら原作には無い役のようなので、やっているうちに作り込んでいこうと考えているのかもしれません
あと、もう少し笑いの要素というか、ふざけた部分もあった方がいいかなと思います
そうするとシリアスなシーンが引き立ちますしね

ということで『ガリレオ』はやっぱりびみょ~

別窓 | 日記 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
【銀蒼竜】朗報です
2007-10-29 月
蒼銀ヘビィ

銀レウス、ヘビィいってきました

「にわかガンナーとかいうレベルじゃねえぞ!」という、にわかガンナー未満の私が、なんとかなりそうな武器はラオ砲、1択
スキルは『装填数UP、反動軽減+1』の毒弾仕様です

大体、ガンの対レウス自体がソロでやるのは初めて、ということで「どんなもんだろ~」と行ってみたら、激しく空の彼方へ舞う通常弾、ぎこちない調合、2死、などグダグダでしたが時間ギリギリでクリアできちゃいました

うまい人は、他のソリストの方を参考にしていただいて、まあ、へっぽこガンナーでもクリアできるんだぞ、という証明にはなったかなと…orz

では詳細です~

<ネコメシ>
温暖期:米虫+長寿ジャム

<アイテム>
調合書1~4
錬金書G
力の爪、護符
回復G
閃光玉x5
通常弾LV2
毒弾LV2
カラ骨x99
ハリの実x99
カラ骨(小)x99
イーオスの毒牙x99
鉄鉱石x99
大地の結晶x99

・ヘビィボウガン=老山龍砲・覇(シールド)
スキル:装填数UP、反動軽減+1
討伐時間:ほぼ50分
☆内容など☆
まず支給品から、お肉、ナイフ、閃光玉、をとって先に銀を寝かせました
しかし、あとでZan様に聞いたら、これが良く無かったようです
どうやら蒼に対して閃光を仕様した方がいいみたいなので、よくよく考えてみると、「確かに」と、納得
弓でやった時は銀の方が時間が掛かったので、ついその感覚でやっちゃいました

そして、まずは蒼との戦闘
最初に1回だけ毒化させて、あとはひたすら通常2で攻撃
ホバリング中にお腹を狙ってると、なかなかポトポトと落ちてくれますな
地上にいる時は、突進をかわした後などはお腹を狙い、それ以外はほぼ頭狙いで
そんな感じで丁度25分ぐらいで蒼死亡

銀に対しては、まずはひたすら毒弾撃ちで、全て撃ち尽して毒化5回ぐらいだったかな~
そして、その後は閃光を使いながら通常弾撃ちへ
しかし、これも今思うと、毒弾モードの時に閃光使った方が、よかったかなと反省
そんな感じで閃光で拘束して、脚にひたすら通常弾を撃つ、というみビミョ~?な戦法でやってました
そして、閃光もすぐに無くなり、ホバリングにはシッポ、地上では脚メインで狙える時はシッポ、といった感じ
それにしても、怒りと怒りの間隔が長いYO!
勘違いして、弱り前の怒りづらいゾーンだと思っちゃったYO!
まあ、自分の腕のせいですなぁ…
グダグダながらも残り時間5分ぐらいで、弱りを確認
お~、いけそう!と思うもここから、なかなか死んでくれず、空中遊泳に入るレウス…勘弁してください…
「あ~、やっぱりダメか~」とほぼ諦めムードだったんですが、本当に時間ギリギリで“メインターゲットを達成しました”との文字が!
いや~よかった!多分残り時間5秒ぐらいでした
残りの弾数は…忘れました
ちゃんとメモしておけばよかったかなと、ちょっと後悔
錬金分は確か25個減ってたな~

それにしても、これで苦労することなくクリアできてしまったので、またしてもプレーヤースキルは上がることなくガンナーは苦手のまま…
練習したいけど、今はリスト埋めの方を優先したいので、もうちょっとリストが埋まったら練習しよっかな~

ガンナーに自信の無い方、この武器とスキルと弾運用で蒼銀クリアできるんだZE!
やってみんしゃ~い

別窓 | MH2ソロ | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
【双雪猿】 ドジっ子なのら
2007-10-27 土
双猿太刀

繁殖期の昼って、何気にやるクエがないかも…
『大家族』も『双璧』も、もちろん『4本角』も夜に行きたい年頃なのです…あはっ♪

ということで、朝にインすると昼間だったので、「む~~~」と、しばし悩み、「じゃ、また消化クエ」ってことで大家族へ太刀にて
武器は“鬼神斬破刀”と、容赦無くいきます

1回目、キャンプスタート「遠い!」ということで、即リタイア
2回目、エリア3スタート「イエス!高須クリニック!」
そして討伐成功です

では詳細~

<ネコメシ>
繁殖期:ミックスビーンズ+ブレスワイン

<アイテム>
調合書1~3
回復
回復G
爪護符4つ
こんがり肉
ペイントボール
千里眼の薬
モドリ玉
砥石
キレアジ
にが虫
トウガラシ

・太刀=鬼神斬破刀
スキル:耳栓、砥石高速、ランナー
☆内容など☆
3スタートだったので、まず3にいる方にペイントして6へ向かいます
6に向かう途中にホットドリンクを飲もうとしたら「あら?ホットがないわ?」ということで、持ち忘れ…
ほんと、こういうこと多くてイカンなぁ
調合分で持ち込んだホットだけでは持たないだろうけど、ランナーなので肉食べながらやればいいか、と続行することにしました
そしてエリア6でもう片方を補足
まずはこちらを片追い
近くのエリアにもう片方が来たら、発覚させて滞在時間をコントロールしたり~ペイントしたり~それでも合流する時はエリア外で待機したり~とか小賢しいことをやってみたんですが、最初の1匹が弱って3で戦っているところで合流してしまう…しかし
「おら!もう死ぬだろ!おら!」
と、乱戦にもかかわらず、もう1匹を完全無視の弱った方への集中攻撃
結果は“力尽きました”と、1死
「やっぱダメか~」
ということで改めて、山へ登り、最初の1匹を開始23分程で討伐
あとは残りを追いかけるだけで、こちらは41分程で討伐でした


う~ん、やっぱりこのクエは合流が鬱陶しいですね
回避法は自分でもイマイチよく分かってなく、あるガンナー様の記事を参考にさせていただいて自分なりに色々と確認している段階です
今度じっくりと確認したいんですが、繁殖期は、このクエはどうも後回しにしてしまう傾向がリストを見ても顕著に現れています…
別窓 | MH2ソロ | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
【銀蒼竜】エアロスミス
2007-10-27 土
蒼銀双剣

イベントレウス1日目です

「とりあえず、今日のノルマやっちゃおう」
ということで、未クリアだった双剣にて

結果はノンポリシーの閃光漬けで、回復が切れて1死したけど、残機つぶしの物量作戦?で1回目でクリア
やっぱ回復Gだけじゃ足りなかったか~
でも、う~ん消化クエ

では詳細で~す

<ネコメシ>
寒冷期:ジャンゴーネギ+銀シャリ草

<アイテム>
調合書1~5
爪、護符4つ
回復G
強走G
砥石
閃光玉
ニトロダケ
ネンチャク草
陽光石
モドリ玉
ツボ緑

・双剣=双龍剣【天地】
スキル:斬れ味レベル+1、見切り+1
討伐時間:38分ぐらい
☆内容など☆
まずは支給品から、眠りナイフ、支給品閃光玉をとって、いざ秘境へ
先に銀を寝かせてから、蒼とはフツーに戦闘
壷で強走をつくりながら、ほぼ頭に強引に乱舞とパワープレイ
非怒り状態なら、乱舞の1発目で怯むように調整すると丁度最後の乱舞の攻撃でまた怯むので、なんだかいい感じ
回復少ないので丁寧に戦わないといけないのに、強引に攻めていくので回復がモリモリと減っていき開始20分ぐらいで、蒼を倒したときには回復Gの残り2個…
銀には閃光ポイポイなので、「回復ギリギリ大丈夫かな~」と思ってたんですが、閃光中になかなか暴れてくれます
しかし、臆することなく強引に翼へひたすら乱舞
なんだかんだで、回復も使い切り、相変わらず暴れ中の攻撃をくらいながらも、強引に乱舞
「ひるむ…と!思うのか…これしきの…これしきの事でよォォォオオオ、ボラボラボラボラボラボラボラ!」
ということで、乱舞し続けて38分ぐらいで銀死亡
「ボラーレ・ヴィーア(飛んで行きな)」
うひょ~!ナランチャかっこいい~!
ちなみに、閃光の使用数は20個でした


そして、クエから帰ってくると、XYZ様がZan様と一緒にいるようだったのでメールして突撃しました!
少し雑談してXYZ様は一旦落ちて、Zan様と『百花繚乱』へ二人とも笛でゴーw
ネコメシ食い忘れて秘薬をもらう、などいきなりのドジっ子っぷりを発揮して、いや~ほんとすみません><
そしてPTでの笛×笛の立ち回りなんてわかんねw
自分はかなりボロボロでしたが、Zan様のお上手なことお上手なこと
35分針で討伐しましたが、いや~笛は弱いですね…

その後に、ひな様と合流して3人で自由装備でイベントレウスへ
クエから戻ってZan様が落ちた後にすぐXYZ様が戻ってきて、かな~り雑談して最後に、またイベントレウスへ行って落ちました


そして季節は繁殖期、明日は土曜日!
なにからやろうかな~
別窓 | MH2ソロ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
いちにのさんすう
2007-10-26 金
わたくし『ネコエサ』のプロフ画像に、NHKは著作権とか所有権とか肖像権?とかうるさそうですが、勝手に使わせていただいている、わたくしの化身…こと『タップくん』が、ある日、語りかけてきました




「ね~ね~お兄さん、モンハンのことはさておいてさ、なんだかこのブログの記事って下ネタばっかりじゃなぁい?」
「おや、いいことに気が付いたね、タップくん。」
「エヘヘ…でもさ、お兄さん、どうして下ネタが多いの?」
「うん、それはどういうことかというとね、下ネタは“限りなく万能に近い話題”なんだ。」
「えええ!?それってどういうこと?教えて、お兄さん」
「いいかいタップくん、同じ“人間”という存在でも、それぞれが異なる人種、異なる文化、異なる考え、異なる趣味、と、それらを共通のカテゴリーで結ぶことはなかなか難しいんだ。それらを結ぶ希望の光が“下ネタ”なのさ。」
「でもお兄さん、中には下ネタが好きじゃない人もいるよぅ」
「うん、確かにそれはそのとおりだよ。でもねタップくん、『話の内容が分かるけど、好ましくないネタ』と『話の内容がよくわからないネタ』では全然違うんだよ。」
「えええ?えええ?ボクもっとわからなくてアタマがいたくなってきちゃったよぅ…」
「例えば、ここで“オラシオ・エル・ネグロ・エルナンデス”についての記事を書いてみたとしよう。『超人的な左足クラーベ』とか書いたところで、ごく一部の人が納得するだけで、好き嫌い以前に、ほとんどの人は意味がサッパリ分からないことだよ。でも下ネタに関しては確かに“好きか嫌いか?”という段階で好みは分かれるけど、その前の“内容の意味がわかるか?”という段階はクリアしているのさ。この点に関して下ネタは、かなり優秀だといえるよ。テレビの話題やスポーツの話題もかなり優秀な方だけど、それでもテレビをほとんど観ない人や、スポーツに全く興味が無い人がいるからね。」
「そっか~!そういうことだったんだね。ボクよくわかったよ!“下ネタ”ってすごいや~。ありがとう~お兄さん!」
「いえいえ、どういたしまして。教室のみんなも分かったかな?それじゃ、まったね~~~。」
「まったね~~~。」
♪る~んるる~んる らんらりら る~んる
♪る~んるる~んる らんらりら るん!




そして、このパロディネタ自体が「一部の人にしか分からないではないか」というお粗末な内容…
いやはや、お後がよろしいようで

別窓 | バカコラム | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
みんなだまされるな
2007-10-26 金
お風呂に入るとオシッコがしたくなるのはなぜなんだろう
これ自分だけじゃないハズ…

理由としては

・裸になることで体感温度的に寒さを感じて尿意をもよおす
・水の流れる音を聴くと人間は尿意をもよおす

などあるようですが、イマイチよくわかりません

これほんと不思議なもので、「お風呂に入ってしたくなるのなら、入る前にしておけばいいじゃないか」と言われても、入る前は全くしたくはないんですよ
んで結局…と、あえては言いませんが、これが習慣になってしまっていて、決まって毎回そうなんです

さすがに今は良識ある大人なので、もうありませんが、高校生ぐらいまでは公共のプールだとか、温泉施設だとかで「わしゃ知らん」と平気で水の中で放尿していたわけですよ←オイ
そして手を自然に、あくまで自然に動かしバレないようにオシッコを拡散させるのは言わずもがなです
なぜならオシッコは水の中ですると、モヤモヤするんです
だから早く拡散させないとすぐにバレます

しかしコレ、いまこうしてカミングアウトしたことろでゴルゴダの丘に磔にされたキリストのように晒し上げられる程のことではないと思うんです

なぜなら、他人にぶっちゃけ話を聴くと
「おれもしてた~!」「実は、あたしもしたことある…」
っていう人がかなり多いんです
私のデータでは現在は、その数4割という恐ろしいデータになっています

このデータを知ってから、私はプール、スパ、温泉、には恐ろしくて一切入りたくなくなりました
だって大人がやってないとは言い切れないんだもん…
小さい子供や若い女の子のオシッコを浴びるぐらいなら、どうってことないですが(←マテ)、きもいオッサンとかのオシッコはイヤだもーん

ということで猜疑心の強い私は、「温泉嫌い」という、なんだかメチャクチャなお話 
別窓 | バカコラム | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【双  壁】お引越し
2007-10-25 木
双璧ハンマ

ということで繁殖期ですね
そして、新たなホーム『スウィート』は、やっぱり混んでいるのはルーキーだけってことでなかなか快適であります

インしてみると昼だったので、夜の4本に行くまでの時間稼ぎにと双璧へハンマーで行ってきました
武器は“イカリクラッシャー”です
つい最近、ようやく親方に勝てたという連射が苦手なわたくしでございますorz
ほぼ諦めていたんですがオフで消耗品集めてるときに、なんとなく「やってみるか」と勝負したらアッサリと勝ててしまいました
1stキャラの時もそうだったな~

そして双璧の結果は、ちょっとお腹割るのが遅かったですがなんとかクリア
では詳細~

<ネコメシ>
繁殖期:スペシャルメニュー(攻撃力UP、防御力UP)

<アイテム>
回復
回復G
爪護符4つ
こんがり肉
ペイントボール
千里眼の薬
モドリ玉
砥石
キレアジ

・ハンマー=イカリクラッシャー
スキル:高級耳栓、砥石高速、体力+10
討伐時間:49分ぐらい
☆内容など☆
エリア5交互です
最初に白を相手にして、3分ほど経過したらエリア5へ行くわけですが、それでエリア5で戦闘中に白がこちらに向かってきました
キャンプ入り口側でやりすごすことに
このせいで、交互のタイミングがちょっとうまく噛み合わず、合流時間長め、次は到着まで時間が空く~という交互になってしまいました
まずは胸へ攻撃していくわけですが、タックルをグラビの左側でかわして胸へ回転攻撃~溜め2がメインでした
ブレスの際の胸への攻撃は、溜め3を当ててガスが来る前に外側へでる、といった感じです
そんな感じで22分ぐらいでまず白が破壊完了、28分ぐらいで黒も破壊
破壊後は溜め2を当てたり、足元で強引に縦3
途中で弱った白を追いかけて38分ぐらいで白が死んだんですが、その時に黒はエリア8へ入っていくところ…
ガブラスエリアに私を誘っているのか?
「だが、断る!」
ということで安全に戦えるエリアに来るまで待つことにしました
そして少し待つとエリア5にきたので快適に戦闘
49分ぐらいで討伐、と結構ギリギリでしたが、あせりは無かったです


やっぱりグラビの腹破壊後の爽快感はたまりませんな!
この破壊前後のギャップがあるのが、グラビ戦の楽しいところですよね

そして、その後は4本へデスレで行きましたが、また時間切れ
砂のサイズが小さめでかなり戦いやすかったんですが、ちょっと自分の判断ミスで、砂の連続怒り後からしばらく攻撃して「もうそろそろ死ぬだろ」ってことで、黒の存在の有無、無視の閃光ポイポイモードに入ったわけですが、これがなかなか死んでくれなくて、おまけに黒合流と、グダグダにTT
砂が死んだのが26分
「ギリギリいけるかな~」と思い続けましたが、やっぱりギリギリ時間切れ
誰かエリア2のガレオスを何とかしてくださいTT
普通に倒そうと思うと、ぜんぜん地上にでてこないくせに、無視してるとでてきて邪魔ばっかりしてくるのは仕様
そして時間切れ後にリセットボタンへ手を伸ばしたのは言うまでもない事実…

その後に街に戻ってみると、丁度ひな様からメールをいただいたので、おじゃまさせてもらって、ひな様とシグレ様と3人でクックとラージャンへ行ってきました
ラージャンは太刀でいったのですが、ラージャンの時に自分が最初にエリアに入ったので未発覚状態のラーに後ろから踏み込み斬りを入れようとしたら、丁度、攻撃寸前で発覚の雄叫びになって、そこで攻撃してしまったので、雄叫びキャンセルの回転フック→ジャンプブレス→突進、の3コンボを喰らい、いきなり瀕死寸前に…
シグレ様から「火事場ですか?」と突っ込まれる始末w
1死してしまいましたが、無事討伐~
う~ん、角折れなかったのう

別窓 | MH2ソロ | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
【緑桜竜】お終いの日
2007-10-24 水
繚乱ハンマ

今日はわがホーム、チアフル最後の日ですね
途中で引退していた時期もありましたが、ドス発売からずっとチアフルで精進してきたのでなかなか感慨深いものがありますな。。。

そして季節はまだ寒冷期だったので、昨日に引き続き『百花繚乱』にいきました
XYZ様から「下位武器でw」との指令を受けましたので、まず片手剣“封龍宝剣”でいってみることにしました
結果は、ギリギリ時間切れ…たはー!
罠、爆弾、閃光無しだとこれ、かなり際どいレベル…
サイズが大きいと頭への連携の途中がスカってしまって大幅に手数が減るので、両方ともサイズが小さかったらなんとかいけそうですな!

とりあえず片手剣はあきらめて、次はハンマーで挑戦
武器はデスヴェノムの作り途中の“バイオレンスジョー”というなんだかバイオレンスな武器があったので、それでいってみたんですが、緑14分で死亡とか、ちょっと強すぎるので緑倒した時点でリタイア
「じゃあ何でいこうかな?」と考えて結局みんなの大好きな武器?“大骨塊”でいきました
スキルは斬れ味ゲージ+1を付けて、少しだけの緑ゲージがついたので大骨塊でもフツーにクリアできました
さすがハンマーですな~

では詳細です

<ネコメシ>
寒冷期:ジャンゴーネギ+銀シャリ草

<アイテム>
回復
回復G
爪護符4つ
こんがり肉
ペイントボール
千里眼の薬
モドリ玉
砥石
キレアジ

・ハンマー=大骨塊
スキル:斬れ味レベル+1、砥石高速
討伐時間:33分ぐらい
☆内容など☆
まあ特にこれといった内容などないのですが、ほぼ溜め3スタンプでひたすら頭を攻撃するだけです
大骨塊といえど、例によってスタンしまくるわけで…
緑が16分ぐらいで死亡、スタンは7回だっと思います
桜が33分ぐらいで死亡、スタンは8回だったかな~


いや~大骨塊は強いですね
黄色ゲージのままやるぐらいが丁度良かったかもしれません

ということで、これがチアフルでの最後のクエとなりました
明日インした時にはもう無いわけですね
とりあえず名前がかわいいので『スウィート』にでも流れていこうかなと思っている次第でありますよ
別窓 | MH2ソロ | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
【緑桜竜】ながら族2
2007-10-23 火
繚乱大剣

インしてみると、まだ温暖期だったので、ガンスで双魚竜にいってみることにしました
そして、気が付くと『ガリレオ』の時間だったので、またもや観ながらのプレイ
う~んライフサイクル

そして青がサイズ大きくてお腹に全く攻撃が届きません…
ブレスの後に狙うぐらいしか攻撃できません…
足元でもなんとか狙おうとしても斬り上げが脚にばっかりあたってしまいます
35分ぐらいまでやって「こりゃダメそうだ」ということでリタイア…
ガンスのトトスはなかなか難しいです…トホホ

戻ってきてみると寒冷期になっていたので、リストに新たに加えた百花繚乱にいくことにしました
今回は大剣にて挑戦
そして武器は強い武器でやると個人的にちょっと面白味に欠けてしまうクエなので、なぜか持っていた“ダブルブロスソード”でいってみることにしました
それにしてもダブルブロスソードのマイナス会心30%、見切りを付けてもマイナス20%もあります…
最大溜め斬りにマイナス会心が乗った時なんかは一気に鬱になり、もう自殺したくなります…
しかし、持ち前の明るさでなんとか思いとどまり、ひたすら頭を攻撃しました
結果は1死しましたが無事にクリア
この程度の武器なら罠、閃光無しでも問題無くクリアできるようです

では詳細を~

<ネコメシ>
寒冷期:ジャンゴーネギ+銀シャリ草

<アイテム>
回復
回復G
爪護符4つ
こんがり肉
ペイントボール
千里眼の薬
モドリ玉
砥石
キレアジ

・大剣=ダブルブロスソード
スキル:斬れ味レベル+1、見切り+1
討伐時間46分ぐらい
☆内容など☆
「のんびりやっていると間に合わないかも?」と思ったので怯み期待の、その後の突進を避けられないような状況でも多少強引に攻撃してます
まず緑を片追い
両方とも尻尾を切るかどうか迷ったのですが、時間のロスになりそうなので無視
強い武器ならすぐ倒すことができるので合流の可能性も少なくなるのですが、なかなか死んでくれなくて合流することしばしば
結局緑を倒すのに25分ぐらいかかってしまいました
桜に対してはサマーソルトの頻度が多い為かかなり効率よく攻撃できて46分ぐらいで討伐完了です


きついかな~と思いましたが意外とそうでもなく、もうワンランク下ぐらいの武器でやってみてもよかったかもしれません百花繚乱はこの方針でやっていこうと思います

そして『ガリレオ』
初回観て「びみょ~」と思ったけど、なんだかんだでまた観てしまっています
そしてやっぱりびみょ~
すごく惜しい感じはあるんだけどな~
私、知的で理屈っぽいキャラというのが大好きなのでちょっときびしくなってしまうかも知れませんが、やっぱり、ちょっと福山のキャラがコテコテすぎる…というか自然じゃない感じがすごく気になる
あの教授自体が、あーいうキャラを演じているような感じになってしまっているので、非常に残念
もっとうまくやってくれれば、あのキャラは激萌えなのにな~
別窓 | MH2ソロ | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
【双魚竜】この先、血反吐
2007-10-22 月
双魚双剣

すんなりとクリアできるクエがすっかりと無くなってきた管理人ネコエサでーす
昨日は繁殖期だったわけですが、もうさっぱりでした
だんだんと個人的に「ムムム」と尻込みしてしまいがちなクエばっかり残ってきています
まあここら辺りからが本番といったところですな~

そして今日の分は残り少なくなってきたラクな方のクエということで双魚竜の穴埋め~

まず、火事場無しの弓でやったことが無かったので、ブロスホーンボウⅡでスキルは『高級耳栓、ランナー』ということで、実質ランナーのみです
結果は1死しましたが、問題無くクリア
やっぱりブロス弓はキモチイイー!

続いて、ちょっとやりづらそうなイメージがある双剣にていってみることに
サイズにもよりますがお腹に攻撃がほとんど届かなくて、脚ばっかり攻撃してて「これ効いてるかな~」という感じですが、思ったよりも時間が掛からなく、むしろ早いほうかもしれません
ゲキリュウノツガイって強いのね~

では詳細です~

<ネコメシ>共通
温暖期:米虫+長寿ジャム

<アイテム>双剣
回復
回復G
強走G
爪護符4つ
こんがり肉
ペイントボール
千里眼の薬
モドリ玉
砥石
キレアジ
釣りカエル
音爆弾
ツボ緑

・双剣=ゲキリュウノツガイ
スキル:斬れ味レベル+1、見切り+1
討伐時間:36分ぐらい
☆内容など☆
もちのろんのカエル交互
青はお手頃サイズで、攻撃しやすかったですが、翠が
「…あんっ♪…すっごい大きい…」
ということで、ちょ~戦いづらい…
どちらも、ブレス誘いからの攻撃がメインですが、青に対してはブレス後にお腹へ、翠に対しては仕方ないので首へ攻撃
そしてエリア4は亜空間なので、足元にいるのがおっかなくて、回転攻撃の時だけは足元で乱舞してましたが、それ以外の行動が確認できたらさっさと離脱してブレス誘いしてました
青が28分ぐらいに死んで、翠は36分ぐらいでした


以下、弓のアイテム

<アイテム>
回復
回復G
爪護符4つ
こんがり肉
ペイントボール
千里眼の薬
モドリ玉
砥石
キレアジ
釣りカエル
音爆弾
強撃ビン

・弓=ブロスホーンボウⅡ
スキル:高級耳栓、ランナー
討伐時間:38分ぐらい
☆内容など☆
これもカエル交互です
この時も青フツー、翠大きい、という組み合わせ
強撃ビンは青に対してだけ使用
青はお手頃サイズで、首→お腹、の射撃ラインがサイズ的に丁度良く、貫通がメキョメキョ当たり、とてもキモチイイ!
しかし、翠はサイズがかなり大きいので、首に対してクリティカルの距離で撃とうとすると、やや仰角気味になってしまってなかなか芳しくありませんでした
青は25分ぐらいで死亡、そこから大分時間掛かって38分で翠も死亡~


ということで、気楽にできるクエを気楽に楽しんできました
温暖期もやるクエがもう残り少なくなっちゃったな~

別窓 | MH2ソロ | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
ショパンにまつわるエトセトラ
2007-10-21 日
なるべくニュートラルな視点でいろいろ物事を見ていきたいと思っているのに、どうしてもそうさせてくれない話

ショパンのプレリュード第7番…
この曲は日本人にはちょ~有名な曲で、かくいう私も「これでもか!」というぐらい聴かされ育ってきたわけです
なんでかというと『太田胃散』のCMは30年以上にわたってこの曲を流し続け、もうこの曲のイメージは“太田胃散のテーマ”というふうに完全に刷り込まれてしまっているので、この曲のクリアな情景がイメージすることができなくて、どうしても太田胃散のフィルターが掛かってしまうのです…
いや、きっとすごくイイ曲だとは思うんだけど、どうしても
「ありがとう、いい薬です」
というCMのキャッチコピーが頭の中でリフレインされるわけです…

それにしても、なぜここまで太田胃散がこの曲にこだわるのか?
それは秘密結社の陰謀という説があります

当時の19世紀フランス、ショパンのことを快く思っていない学者や芸術家によって結成されたこの秘密結社は、ピアノの表現様式を拡大し、それまでなかったピアノ音楽の新しい地平を切り開いていくショパンに対して悪い噂を流したり、メディアに対してあらゆる方法でイメージダウンを図ったそうです
特に、各方面で高い評価を受けていた“プレリュード第7番”に対しての執着ぶりは凄まじく、この曲にまつわる様々な悪いエピソードを風説したとされています

しかし、ショパン支持派からの弾圧を受け、この組織は解体しますが、その構成員の中には一人の日本人の姿がありました

彼は、組織解体後、自国日本へと帰ることになったのですが、組織は解体されても、その志を捨ててはいませんでした
そして、その志は彼の子孫へそのまま継承されていきます
やがて、彼の子孫は『株式会社太田胃散』を立ち上げ、先祖の意思を継ぎ“プレリュード第7番”を正当に評価させないよう、自社のCMの曲に起用し、そのまま自社の薬のイメージ曲として、“プレリュード第7番”の本来の情景を伝わらなくすることを日本に於いて成功させたのでした

太田胃散の執念、いやあっぱれ!といったところです


※この話は全くのデタラメで100%の妄想でできています
別窓 | バカコラム | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
【緑桜竜】ラララライ
2007-10-20 土
繚乱太刀

寒冷期のクエはかなり煮詰まってきているので『百花繚乱』をリストに加えることにしました

ということで、まずは太刀でやってみることにしました
というのも、ちょっとレイアに対して太刀はかなり苦手意識があったので練習も兼ねていってみることに
レイアの各攻撃の隙に頭に攻撃をしていくわけですが、太刀の連携スピードが遅く、これが思った以上にまとまった攻撃を入れることができないし、太刀の各攻撃の軌道のバラつきにより、斬り込む角度や、状況に合わせた臨機応変な連携で攻撃していかないと、首や翼に当たってしまったり、攻撃がスカってしまったり…と、う~ん難しい

武器は、ほとんどドンドルマに来ることがない錆びクシャの素材を使わないと作れない、とってもレア感のある割には、ちょっと微妙な性能の“エクディシス”をチョイス
かっこよくて好きなんですけどね…
スキルは“斬れ味レベル+1、砥石高速”で、「耳栓無しで大丈夫か?」というスキル

結果は、とりあえずクリアはできましたが、まだまだ未熟といった感じの内容でした
では詳細です~

<ネコメシ>
寒冷期:ジャンゴーネギ+銀シャリ草

<アイテム>
回復
回復G
爪護符4つ
こんがり肉
ペイントボール
千里眼の薬
モドリ玉
砥石
キレアジ

・太刀=エクディシス
スキル:斬れ味レベル+1、砥石高速
討伐時間:34分ぐらい
☆内容など☆
まずはエリア9にいる緑の方へ向かい、その後は緑を片追い
最初の9→3へ移動した時だけスルーして、その後は合流することもなく快適に戦闘
その後は桜を追いかけるだけですね
尻尾がうざいので、両方とも尻尾を切りました
開始16分ほどで緑が死んで、34分ほどで桜も死亡しました
桜との戦闘中に1死
「耳栓は無くてもなんとかなるかな~」という感じです


まだまだ研究の価値がありますが、戦い方というか、自分の中の確定事項の私的メモ~

・噛み付き攻撃をかわした後は正面から、鬼刃1→鬼刃2→斬り下がり
・ブレスに対してはレイアの右側から攻撃する
・鬼刃1、2をメインに狙っていくような連携を意識する
・怯み値を常に意識する

とりあえず、こんなところでしょうか
太刀による頭狙いがなかなか難しいですが、キレイに連携が入ると脳汁発生により
「#$%&~!」
と奇声がでること請け合いです
別窓 | MH2ソロ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
【紅  龍】とにかく狭いのだよ
2007-10-19 金
紅龍ライト

ミラバルカン2日目です

ということでライトでいってきました
スキルは“火事場”でいいとして武器はゴールドヴァルキリーか繚乱の対弩どっちがいいかな~と迷いましたが、貫通1を捨てて毒弾を撃てる“繚乱の対弩”でいってみることにしました
まあこれがまた、とにかく死にまくった訳で…
普通のクエなら2死したらリタイアで仕切り直すのですが、このクエはなぜかリタイアできない仕様なので、3死するたびにリセットを繰り返すこと数回…
これが、いちいちログインしないといけないので結構だれます
反動が“普通”のガンでの拡散2や毒弾2の反動の感覚に慣れていないので、危険なタイミングでついつい撃ってしまって低空滑空を喰らったり、正面のメテオがこない位置で撃っているつもりが反動で後ろに下がってしまいメテオを喰らうとかもうグダグダでした
「もう今日はいいかな~」と心が折れかけた頃にようやく成功
では詳細ですー

<ネコメシ>
温暖期:スペシャルメニュー(攻撃力UP、防御力UP)

<アイテム>
調合書1~4
力の爪、護符
クーラードリンク
こんがり肉
通常弾LV2
貫通弾LV1、2
毒弾LV2
カラ骨x99
ハリの実x59
ハリマグロx30
カクサンの実x10
カラ骨(小)x99
竜の爪x50
イーオスの毒牙x49
小タル爆弾

・ライトボウガン=繚乱の対弩(ロングバレル)
スキル:火事場力+2、装填数UP、アイテム使用強化、悪霊の加護
討伐時間:42分ぐらい
☆内容など☆
火事場の発動はミラの脚に蹴られて調整する方針だったんですが、「うぇ~うぇ~」とダメージを貰うべく近づいていったらいきなり咆哮→フックにて1死…
「うおおお!スペシャルメシがー!」
ということで“メシ無し”状態と同じスタートですOTZ
まあ、どうせ火事場体力で喰らったら即死だから体力は少なくてもいいので、そこまでデメリットはないけどね…
そして次は無事に火事場を発動させ広い方へ誘導してから、まずは貫通2を使用して顔を狙っていきます
調合分まで使い終わり、次は通常2にて攻撃してると2回目の怒りに入ったので、硬化にはちょっと早いですが、ここから毒弾撃ちに変更
ここまで21分ぐらい
毒弾もすべて使い終わったあとは拡散タイムです
ここでも強引に拡散を撃ってしまって、ウネウネくる低空滑空を喰らい2死目…
しかし臆することなく、そのまま拡散撃ちです
「拡散撃ち終わる前に倒せるかな?」
と思っていたんですが、早めに毒弾に切り替えたせいか、拡散を使い切ってもまだ終わらない…
とりあえず脚に蹴られて火事場を発動
ここから地道に通常2を顔に打ち込むことにしました
硬化解除しているかどうか確認の為、空中から降りてくるところの顔へ武器による殴りを入れてみると、どうやら解除しているようでひと安心
(↑勘違い…ボウガン殴りは、硬化前後に関わらず弾かれません…)
その後、通常2を撃っていたら意外とすぐに討伐完了でした
「どうかな~?」と思って持ち込んだ貫通1は、やはり速射のせいで全く使い物になりませんでした…


ということで、けっこう苦労しました
ガンナーとしてまだまだ未熟ですなぁ
C級スナイパー…いやむしろS&Mスナイパー(意味不明)

しかしこのクエ、うまい人なら楽な部類に入るような気がします
プレイした感覚はヘビィとあんまり変わりませんね
あ、もちろんライトの方が動きが軽いですが


別窓 | MH2ソロ | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
【紅  龍】紅いあん畜生
2007-10-17 水
紅龍太刀

ということで約1ヶ月ぶりのミラバルカンですね
ミラ3種の中では、一番好きなあん畜生です

まずは、太刀にて挑戦
実はミラバルカンに対しての太刀は初体験になります
「怖くない…?」
「うん平気だよぉ…でも、あんまり痛くしないでね…」
と、しおらしくしていたのは最初だけで、いざやってみると
「黒龍より戦いやすいかも…」
という感じで、例によってのバーサーカー発動
しかし、太刀の機動力の無いことがいい具合に作用して、これまた時間ギリギリでしたが1回目で無事討伐して生還しました

「よし次だ!」
ということで、続いてハンマーで挑戦
「ハンマーは楽そうだなぁ」
なんて、余裕かましてまたもやバーサーカーでオラオラやってると、ハンマーは機動力が高いので、ついつい強引に攻めたくなってしまって、踏まれたり、やばい位置で咆哮を喰らったり、と死にまくること数回…
そしてポーチの中身を整理せずに、いつものアイテム構成に必要なものを足しただけでクエに行った為に、なぜか必要の無い『モドリ玉』を持ってきていて、戦闘中に急いでアイテムを選び砥石を使おうとしてモドリ玉を使ってしまい、意味不明なキャンプ退避

「あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!
『俺は砥石で武器を研ごうと思ったら、いつの間にかモクモクと緑色の煙に包まれてキャンプに戻っていた』
な…何を言っているのかわからねーと思うが、
俺も何をされたのかわからなかった…
頭がどうにかなりそうだった…催眠術だとか超スピードだとか、
そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…」

いやー実はコレよくやってしまうんだよな~
「落ち着けオレ!」
と、かなりのテンパりっぷりでしたが、3回目にてようやく討伐成功です
ということで詳細でーす

<ネコメシ>共通
繁殖期:ミックスビーンズ+ブレスワイン

<アイテム>共通
回復
回復G
秘薬
クーラードリンク
爪護符4つ
こんがり肉
ペイントボール
千里眼の薬
モドリ玉
砥石
キレアジ

・太刀=龍刀【朧火】
スキル:斬れ味レベル+1、見切り+1
討伐時間:ほぼ50分
☆内容など☆
基本的にミラの右脚後ろにて、踏み込み斬り→鬼刃1→鬼刃2→斬り下がり、を入れて、途中で怯んだら鬼刃3まで入れる、といった感じです
方向転換の時には斬り下がりを入れながらミラと同じ方向に移動して軸をずらしてました
空中から降りてくる時は、硬化時以外なら顔へ、踏み込み斬り→縦斬り→斬り下がり、と黒龍の時と同じです
開始から15分ぐらいで、硬化
42分ぐらいで硬化解除
「うお~コレ間に合うのか?」
と、またもやあせるもホントにギリギリでしたがなんとか成功
残り時間10秒ぐらいだったと思います
途中に、危険な位置で咆哮を喰らい、咆哮→踏みつけ→倒れこみ、のナイ~スな3コンボで1死しました

・ハンマー=龍壊棍
スキル:斬れ味レベル+1、見切り+1
討伐時間:42分ぐらい
☆内容など☆
ほぼ溜め2にて攻撃
方向転換のタイミングに合わせて、ミラが一度止まった時に、そのまま右脚後方へすれ違うように溜め2を入れて、そこからまた溜め2~といった感じです
溜めすぎた時は回転攻撃やスタンプです
空中から降りてくるところへは、硬化していない時だったら顔に通常3です
開始から13分程で硬化
36分頃に硬化解除で、42分ぐらいで討伐完了
これも空中ブレスを喰らってしまって、1死してます
しかも、クーラーが切れて新たに飲んだ直後の死亡だったので最終的にクーラーが無くなってしまい、残り1分ぐらいはクーラー無しで戦ってました…


ということで2項目埋まりました~
まだイベント1日目で、あと2日あるのですが、紅龍で残っている武器はガンス、ライト、笛、となりました
まあ笛は実質不可能だろうから、ガンスとライトですが、どっちもきつそう…というか自分には無理かも…
ガンスよりかはライトの方がまだいけそうな気がするので明日はライトでもやってみるかな~

別窓 | MH2ソロ | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
そりゃないよ…
2007-10-17 水
トラックバックが増えてたので、「なんだろ?」と思ったら

『【激ヤバ】プロの痴漢師が魅せるテクニックの映像』

だそうで…

「えええ?えええ?何コレ?なんで~???」

どの記事のトラックバックか調べてナットク!「うん、そうか!」
おーもしーろ地図をひろ~げ~よ~う~♪
探検!発見!ボ~クのまーち~♪


別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【黒  龍】バイバイまたね
2007-10-17 水
黒龍太刀

はーい今日もイベント黒龍でーす

今日は太刀での挑戦です
「時間を掛けるだけの消化試合か…」
なんて、思いながらダラダラやってたら、なんだかいつになっても死んでくれない黒龍サマ
「えええ?時間切れ?そんなのイヤ~~~!」
と残り時間5分ぐらいで大いにあせる…
が、なんとか時間内に討伐完了
左足後ろキープで壁際まで追い詰めても、ベストな連携がよく分からず、すぐに立ち位置が不安定になり、すぐに振り向かれてばっかりで、ここでダメージを稼げなかったのが時間が掛かった原因ですな
「まあクリアできたからいいや」
と自分に甘いのは基本仕様

太刀が1回でクリアできたので、「もう1ついくか」と、火事場ヘビィにて挑みました
これが高台ハメで戦うわけですが、これもなかなか単調な作業でかなり心を削られます
かといって、ボサーっとしてると、空中ブレスを食らったり、高台に登られてしまったりしてしまうので、なかなか気が抜けません
30分間ぐらい戦い「もうそろそろ倒せるかな?」なんて思ってたら、なぜか空中ブレスを喰らい死亡…
一番後ろまで下がったつもりだったんだけど、下がりきれてなかったみたいです
その後、火事場を再発動させようとするも、自爆用の爆弾がもう無かった為に支給品の大タルGを1発喰らって、さてここからどうしようと困る…
一応小タル爆弾は持ち込んではいたんだけど最初に体力調整が終わった時に「死ぬことないし」とポーチ圧縮の為に捨ててしまっていた…
「どうしようどうしよう…」
と慌てている間に体力はどんどん回復していき、もうすでに8割ぐらいまで回復しきってしまいっている…
ピカーと閃き、噛み付きを喰らってみると、なんと死んでしまいました
ガンナーで喰らったことが無かったのでこんなに減るとは…
トホホ…2死目
「そうだよ、もう火事場じゃなくていいから、このままやろう」
と、気を取り直して挑むも、また後ろまで下がったつもりが下がりきれてなかったようで空中ブレスにて死亡
3死…3死…3死…
もちろん「ふんぬー!」とリセットしたのは言うまでもない事実…
風邪も治ってなく、もう心が折れたのでヘビィは未遂で終わりました
とうことで太刀の詳細~

<ネコメシ>
寒冷期:ジャンゴーネギ+銀シャリ草

<アイテム>
回復
回復G
爪護符4つ
こんがり肉
ペイントボール
千里眼の薬
モドリ玉
砥石
キレアジ

・太刀=龍刀【朧火】
スキル:斬れ味レベル+1、見切り+1
討伐時間:48分ぐらい
☆内容など☆
例によっての足の後ろ粘着ですが、太刀の攻撃の遅さ故、どうもなかなか手数が稼げません
画面中央では、踏み込み斬り→縦斬り→前転、でポジションキープしながら画面端まで追いやるも、追い詰めてからの連携がイマイチよくわからず、すぐに振り向かれてしまう…
最後に斬り下がりを入れると距離が離れてしまうので、その後に尻尾で振り向きの認識範囲に押し出されてしまっていたのが、原因なのかも…
でも、斬り下がりを入れないと、あまりにも距離が近くなりすぎて、この状態で振り向かれた時に黒龍の腹の下に入ってしまう連続踏み付けが怖いので、どーしたもんかと
途中それが原因で1死してます
黒龍が空中から降りてくることろに対しても、顔にうまく連携が入れられず、後半は自分の中で割と安定していた、踏み込み斬り→縦斬り→斬り下がり、とちょっとさみしい連携で手を打ちました
そんな感じでグダグダになりながらも、なんとか討伐成功
黒龍に対して、かなり未熟な太刀で「こりゃ精進しないとイカンな~」と思うも、クリアできたので、多分もうやりません(笑)


とうことで、今回の黒龍イベントはリスト2箇所埋めただけで終わりました…
「また来月~」
そして、明日は紅龍ですな~
太刀がまだ未クリアなのですが、かなりてこずりそうな予感がしています

別窓 | MH2ソロ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
【黒  龍】 ながら族
2007-10-16 火
黒龍ハンマ

イベント黒龍です

しかし、なんだか風邪をひいてしまったようで、一日中だるかったです
夜になると熱は下がったのですが、節々がジワジワ痛いです
毎日更新の方針でやっているので
「さっさと今日中のノルマ達成して寝よう」
と、かなりのやっつけで挑みました
そして、月9の新ドラマ『ガリレオ』がちょっと面白そうだな~と思っていたので、ドラマを観ながらのプレイ

武器はハンマーです
これもこないだの灰ラオでようやく作ることができた『龍壊棍』にて
結果は1死しましたが丁度ドラマを観終わる頃に無事クリア
やっぱりこのクエはイマイチ面白くないな~
そして、ガリレオは面白くなりそうな設定ではあるんだけど、なんかイマイチ面白くなかったです
では詳細~

<ネコメシ>
温暖期:米虫+長寿ジャム

<アイテム>
回復
回復G
爪護符4つ
こんがり肉
ペイントボール
千里眼の薬
モドリ玉
砥石
キレアジ

・ハンマー=龍壊棍
スキル:斬れ味レベル+1、見切り+1
討伐時間:35分ぐらい
☆内容など☆
脚の後ろにから、溜め2、3、回転攻撃からの溜め2です
立ち回りが、なんとも単調でこれといって特筆すべき点は無し…
と、なんという退屈さ
空中から降りてくるところに、頭に通常3発を入れてましたが、これがなかなか危険な攻撃でした
こちらの攻撃自体は気持ちよく入るのですが、3発入れた後の黒龍の行動で咆哮がくるとかなり危険な位置で硬直することになります
これが原因で咆哮で硬直しているところへ押しつぶしがきて「プチッ」と1死
しかし、懲りずに相変わらず降りてくるところへは、通常3を…
「咆哮ださないで~」
と、相当なハイリスクですが、通常3はかなりのダメージを稼げるのでハイリターン
「ま、死んでもいいや」
なんて、テキトーな気持ちでやってたら、35分針に動いた直後に討伐完了
う~ん消化クエ


なんだか、この黒龍クエは変化に乏しいので記事にしても、あまり面白くないかもしれませんね
実際にやっている方も、退屈です

しかし、ガリレオはなんでイマイチなのかな~
あの手の設定って婦女子の萌え系ミステリー小説の黄金パターンなんですがね…
自分も男ながらに、あの福山の助教授のキャラ設定は好物であります
森博嗣の小説のシリーズにでてくる犀川先生も、こんな感じのキャラ設定ですね
この魅力的なキャラ設定があれば脚本、演出が及第点だったとしてもかなりカバーできると思うんですがね~
福山がキャラの魅力を引き出せてなかったかな~と、とりあえずそういうことにしておこう…

別窓 | MH2ソロ | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
これでいいのか?
2007-10-15 月
~ある男の手記より~

まず、何から話せばよいか…
私にも完全に私自身を理解できている訳ではないのだ

今現在、私自身の中で大きな変化が起きている
この変化によって、今までの私という人間が「私ではなくなってしまうのではないか?」という恐怖を感じている
それは、まったくの認識の範囲外のところから、まるで潮が満ちるようにジワリジワリと私の体を侵食していたのだ
ようやくそれを認識できた今では、もうすでに遅かった
ああ、なんということだ!
クトゥルフの呼び声とともに、この世に生を受け、ダゴンの子守唄を聴き育ってきたこの私が、このようなことになるとは
しかし、この今の状態を心地よく感じてしまっている私自身もいる
それが、とてつもなく恐ろしいのだ!
これが本来の私の姿だったのか…?
「イア・イア・クトゥルフ・フタグン、フングルイ・ムグルウナフー・ル・リエー・クトゥルフ・ブガ・ナグル・フタグン…大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤…嵐」
もうすぐに完全に私が私でなくなる時がくるだろう
その前に私は、今の私をここに記しておく必要があ


「なんだこりゃ?」
最近、会社に姿を現さなくなり、連絡すら取れなくなってしまった上司宅へ訪ねてきた部下の松永二郎は、付き添いで一緒に来てもらった同僚の藤原塔子と共に、書斎のデスクの上におもむろに開かれたままの大学ノートを見てお互いに顔を見合わせた
訪ねた際に、呼び鈴をいくら押しても反応は無かった為、諦めて帰ろうとした時に「念のため…」と、扉に手を掛けてみると、扉は施錠されていなかったので「アレ?気づいてないだけかな」と、中の様子を確認すべく、恐る恐る家の中に入ってみたが、そこには上司の姿は見当たらず、もぬけの殻であり、綺麗に整理整頓され、こざっぱりとした部屋の雰囲気とは対照的に、このノートの存在だけが嫌でも目に留まったのだ
「このクトゥルフ…って何だろう?」二郎は独り言ちた
「これ、クトゥルフ神話だよ」
「え?」
「ハワード・フィリップス・ラヴクラフトの小説の世界観を基に、その後の作家達が二次創作で作り上げた架空の神話体系。クトゥルフは、その中にでてくる邪神だよ。昔の友達で好きな子がいてね、貸してもらって読んだことある。でもなんで“嵐”がでてくるわけ?」
塔子は首を傾げた
「塔子ちゃんて何でも知ってるんだね、うんお見事」
「ちょっと、こんな時にからかわないでよ、もう…」
飄々と言い放つ二郎に対して、そう受け流した塔子だが、その直後に書斎のオーディオコーナーに、ある違和感を見つけた
ニルヴァーナ、ソニックユース、レディオヘッド、その他、耳にしたことがないような洋楽のCD群の中に明らかに毛色の違うものがあった
「『ARASHI No.1 ~嵐は嵐を呼ぶ~』『HERE WE GO!』『How's it going?』『いざッ、Now』『One』『ARASHIC 』『Time』、これ全部“嵐”のアルバムだよ、うわ~こっちにはベストアルバムもある、シングルまで全部あるよ」
「ほほう、あの人がねえ、ジャニーズファンだったとはねえ」
相変わらず二郎は飄々としている
「うん、人は見かけによらないもんだね、あたしちょっとビックリ…」
塔子はそう言いながら、おもむろに“嵐”のCDを棚から手に取るとハラリとメモ用紙がCDとCDの間から床に落ちた
塔子よりも早く、それに気づいた二郎は、すかさずメモ用紙を拾い上げた
そこには殴り書きで、こう書かれていた
『“嵐”最高!マツジュンもいいけど、ニノもね(はぁと)、ショウちゃんも、アイバくんも、オオちゃんもみんな大好き』
二人はまた顔を見合わせ、しばらくの間沈黙した…



ということで、前置き長くなりましたが、現在“嵐”にハマりつつあります
まず、きっかけはなんといっても曲
J-POPは全く聴かないわたくしでありますが、唯一このジャンルの中でも好きな類の音楽があります
じぶんはその類を『アイドルポップ』と勝手に定義しておりますが、このジャンルだけは昔から好んでしまうのです
どういうものかと説明すると、『メロディアスな歌メロ、軽快なテンポ、キュートさを押しにした歌唱、打ち込みを豊富につかったサウンド、前向きな歌詞』というのがキーワードになっており、具体的な例を挙げると、ちょっと古いですが広末涼子の“MajiでKoiする5秒前”という曲がまさにそれに当てはまります
最近のもので挙げるなら、アニメ、『涼宮ハルヒの憂鬱』の“ハレ晴れユカイ”も当てはまりますね
AKB48の曲なんかも、やや楽曲としての完成度が甘いですが、そうですね

そして“嵐”の曲…
デビューしたばっかりの時は、少年がちょっと格好付けた様な雰囲気の曲調でラップ多めで、今とはやや毛色が違っていたんですが、レコード会社を移籍したあたりから、少しずつ変化がみられます
そして、やや最近の曲、“きっと大丈夫”で現在の曲調を確立して“Love so sweet”“Happiness”で、それを完全に我が物にした感があります
今、挙げた“嵐”の曲をあなたの大好きなアイドル女性ボーカリストが歌っている姿を想像してみてください
きっと違和感なく耳に入ってくると思います
しかし、この類の曲は女の子が歌うイメージがあり、自分は以前には、こういう曲は、曲に対してだけではなく、歌っている女の子本人への愛着も持って聴いていたのですが、分析によると“嵐”の曲もそれに該当することが判明
そして過去の条件反射でしょうか、なぜか“嵐”のメンバーが皆、好きになってきてしまいした
自分と殆ど年が変わらない彼らに対して、なぜか親心の様な感覚が芽生え、彼らが可愛くて仕方が無いのです
自分でもかなり困惑しております
だって、かなりの出不精で、よっぽど好きなミュージシャンじゃないとライブとかには行かない自分が「嵐のライブ、観に行きたい」とまで、思ってしまっています
ああ、自分の中のこの変化が恐ろしい…でも
『“嵐”最高!マツジュンもいいけど、ニノもね(はぁと)、ショウちゃんも、アイバくんも、オオちゃんもみんな大好き』

別窓 | バカコラム | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【砦蟹街】カニと私3
2007-10-15 月
街蟹大剣

さて街襲撃3日目であります
「よし今日も蟹やるぞ!」と、意気込んでドンドルマに来てみれば、なんとミラボレアスもあるではありませんか
「どっちからやろうかな?」なんて迷っていると、季節は繁殖期ということで“ねぐら”まであるではありませんか
ただでさえやりたいクエが多い繁殖期…
街襲撃、黒龍、繁殖期、ネグラ、となんという贅沢な布陣
もうどれにしようか迷っているだけでお腹いっぱいです

さんざん迷ったあげくに、とりあえずイベントの闘技場ゲリョスにいくことにしてみた←(゜д゜)ナンデヤネン
剥ぎ取り装備でいって問題無くクリア、そして見事に頭ゲットー!
う~ん、ついてるね~「ふ、不吉な予感が。。。」

そして、結局、シェンガオレンにいくことにしました
武器は大剣、スキルはもちろん火事場です
ということで武器は『ブラックミラブレイド』にけってーい
大剣は「シェンの移動中に攻撃しづらいかな?」という印象があって、やや敬遠がちであった訳ですが、やってみると「すんげーラク」
シェンのダウン中に、ちょうど怯み値手前まで攻撃できるので、怒り状態でなければダウンから復帰した直後にまたダウンとまさに「ずっと俺のターン」状態
全く問題なく1回目でクリア
さすがに3日目で大分このクエに慣れてきたせいもあるかもしれませんが、とにかくラクショーでした

続いてランスでもやってみることに
スキルは火事場でいいとして、問題は武器
候補は黒滅龍槍なんだけど、マイナス会心20%が必要攻撃回数にムラがでそう…
しかし、それ以外に関しては驚異的なハイスペック
ということで不安をかかえつつも黒滅龍槍でいってみました
結果は1回で成功~
確かに脚ダウンまでにかなり攻撃回数にムラがでましたが、この圧倒的な火力
これも大剣と同様にダウン中にかなりの攻撃を加えられるのでダウンしまくりです
すぐにダウンさせることができるので“怯みキャンセルで拠点攻撃を阻止する”というよりも、拠点攻撃自体の頻度が大幅に少なくなります
まあこれは大剣でもそうでしたが…
そしてシェンの拠点攻撃で一番やっかいな“座り状態”での拠点攻撃ですが、太刀でやった時はダウン中の攻撃だけでは怯み値まで、やや足りないので、この攻撃のパターンに入った時点で脚への攻撃はやむなく見送る場合が多かったのですが(ここでダウンさせてしまうと拠点攻撃の時に怯みキャンセルが間に合わない為)、黒滅龍槍の場合はガンガン攻撃していっても、よほど拠点攻撃の直前で怒り中とかでないかぎり問題無かったです
まあようはランスはゴリ押しでいけるってことですね
では詳細でーす

<ネコメシ>共通
繁殖期:ミックスビーンズ+パワーラード

<アイテム>共通
回復
回復G
爪護符4つ
こんがり肉
ペイントボール
千里眼の薬
モドリ玉
砥石
キレアジ
栄養剤
大タル爆弾(火事場用)
小タル爆弾(火事場用)


・大剣=ブラックミラブレイド
スキル:火事場力+2、アイテム使用強化
討伐時間:33分ぐらい
☆内容など☆
まずはバリスタ攻撃です
支給品分と採取で取れる分をモドリ玉を使い2回に分けて撃ち込みます
そのあとは、シェンがエリアに入ってくるまでの待ち時間で、栄養剤を飲み爆弾で火事場発動
そしてシェンの進入時に大タルGを左前脚へ、といつもどおりのパターン
ここからは攻撃回数は気にしないで、まず左前脚に粘着してダウンを狙うのも、いつもどおり
ダウンさせてから攻撃回数をカウント
デンプシーを基本に数えて、それぞれ1回ずつ数えていくと、非怒り状態では16発目に怯むようでした
デンプシーの左右を1セットと考えると8セットということですね
怒り状態だとデンプシーの20発目にダウンするようです
途中で怒ったりした場合は、この間の回数になる訳です
もちろん、なぎ払いと、斬り上げのダメージは同一ではないので、その辺もなるべく交互になるように意識しました
例えばシェンの移動中は抜刀斬りから入っていくわけですが、これは斬り上げとほぼ同じダメージなので抜刀斬りから入った場合のその後はなぎ払いにするなどです
しかし、まあそこまでシビアに考えなくても大剣は1発あたりのダメージが大きいので割と安定するほうだと思いましたそのせいか、やっていて結構読みが当たりました
あと、とにかくダウン中への攻撃が凄まじく、ダウンさせてからデンプシーを入れると非怒り時であれば、怯み値の規定回数の16回直前の15発まで入ります
もしかしたらタイミング次第ではダウン中に16発まで入って怯み値がスルーしてしまうかも…
まあ、そんな感じで問題無くクリアできました
耐久値50%です
後半の方は耐久値が大分残っていたので、怯みキャンセルを意識せずにゴリ押ししました

・ランス=黒滅龍槍
スキル:火事場力+2、アイテム使用強化
討伐時間:33分ぐらい
☆内容など☆
これもまずは大剣のときと全く同様
そして左前脚でまずダウンさせてから計測
青ゲージもあるのでかなりバラツキがありましたが大体はこんな感じ

・青ゲージ非怒り17か18発?
       怒り 20発?

・緑ゲージ非怒り20発?
       怒り 25発?

そして問題のマイナス会心ですが2回でたら通常の1回分というようにカウントしました
これも大剣と同様でダウン中での攻撃で相当攻撃できるので、「アレ?あと何発入れればいいんだっけ?」と、回数が分からなくなった場合には、とにかくゴリ押しでダウンさせて、そこからまた数え直す、という感じでやっても大丈夫でした
あと青ゲージで非怒り中のダウンへの攻撃だとダウン中に怯み値を超えてスルーしてしまうので、16発程度入れたら攻撃をストップしました
やっていてそこまで怯みキャンセルがバシバシ決まった印象は無かったんですが、耐久値残り50%でクリア
途中で1死しましたが、特に問題無し
これも後半は「あ~こりゃイケルな~」と思ったので、怯みキャンセル無視のゴリ押しです


今までは街シェンは『火事場勇弓』の本当のゴリ押しでパワープレイしかやったことがなかったけど、今回の街シェンで初めて剣士でやってみて、この街シェン独特の“怯みキャンセル”の面白さを体感して『やべー、コレ面白い』なんて思った訳ですが、さすがに3日間たっぷりやってみると、なんだか『作業間たっぷり』といった感じ
ダメージ管理自体に慣れてしまうと、アクション性はほぼ皆無で、単調な“弱いものイジメ”状態になります
しかし、そういうことからプレーヤースキルとかは、あまり関係無くクリアできるクエでもありますね
ちょっと「難しそう…」と、取っ付きづらそうなクエの印象があったんですが、いざやってみると、そうでもなかったです
ガンナーは難しいらしいですが…
あ、実は笛でもやってみたんですが、「これいけるの?」といった絶望感
ダウンさせるまでの攻撃回数が、シェンの拠点攻撃の合間にぜんぜん追いつかず、気持ちいいほどボッコボッコと拠点を攻撃されて、ものの見事に拠点を破壊されて帰ってきました…

さて、明日は黒龍ですな!
がんばりまーす

別窓 | MH2ソロ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【砦蟹街】カニと私2
2007-10-14 日
街蟹太刀

今日も街襲撃のシェンガオレンにいってきました

まずは太刀にて挑んでみました
スキルは『火事場』です、デターーー!
武器は、こないだの灰ラオでやっと作ることができた『龍刀【朧火】』です
まず1回目の挑戦…
戦闘時間30分ちょっとまで粘るも、無情にも拠点を破壊されてしまいました…
「しかし、脚怯みに必要なダメージは把握した、次はいける!」
ということで、2回目にて成功です
太刀もなかなかいける方だと思いました
鬼刃3まで入れる斬りまくりがあるので瞬間火力が悪くなく、怯みキャンセルはやりやすい武器ですな

そして次は片手剣でいってみました
スキルは、そのまま火事場です、おういえ!
武器が何がいいか迷いました
まず黒滅龍剣…マイナス会心があるので、同じ攻撃回数でもダメージにバラつきがありそうで怯みキャンセルが安定しなさそう、ということで却下
じゃゴールドマロウ…うん悪くない、しかし青ゲージは一応あるが短すぎるので、ほぼ緑、このちょっとある青ゲージによって攻撃回数にバラつきがでるかも?
もう一つの選択肢イフリートマロウ…青ゲージがないけど攻撃力はゴールドマロウより高いということで火事場との相性は良さそう
ということで「うん、君、採用」とイフリートマロウにすることにしました
そして結果は耐久値ギリギリでしたが1回目で成功です
怯み値までの攻撃回数がかなりアバウトでしたが片手剣の機動力のおかげで、移動中の脚へ攻撃しやすく、ダメージ管理をミスってしまった場合でも立て直しがしやすかったかなぁと

<ネコメシ>共通
寒冷期:ジャンゴーネギ+銀シャリ草

<アイテム>共通
回復
回復G
爪護符4つ
こんがり肉
ペイントボール
千里眼の薬
モドリ玉
砥石
キレアジ
大タル爆弾(火事場用)
小タル爆弾(火事場用)

・太刀=龍刀【朧火】
スキル:火事場力+2、アイテム使用強化
討伐時間:39分ぐらい
☆内容など☆
まず例によって支給のバリスタと大タルGを回収
そして、バリスタで攻撃→モドリ玉→バリスタ採取→バリスタで攻撃、のコンボ
シェンが進入してくるまでの待ち時間で火事場発動
エリアへ入ってきたら左前脚への粘着攻撃を開始します
支給品の大タルGは、すぐに脚を赤い状態にしたかったので、シェンの進入時に使いました
まずは攻撃回数は気にせずに、とにかく攻撃して1回ダウンを奪ってから怯み値までの攻撃回数を計測
この間に鬼刃ゲージも溜まるので丁度いいです
使用した攻撃は、踏み込み斬り→鬼刃→鬼刃2→斬り下がり、をメインの連携にして、それ以外の攻撃は使いませんでした
非怒り状態なら、これを5セット入れておくと6セット目に怯むようです
怒り中なら、7セット目の途中ぐらいで怯むっぽいです
でも、最初から怒り状態の時に数えるのと、途中から怒った場合とかでも微妙に変わってくるので、どっちの場合にしても怒り中であれば5セット+2~3発でストップさせてました
もちろん毎回きれいに1セット入れられる訳ではないので、その辺りは微調整
拠点攻撃の時には、踏み込み斬り→鬼刃1→鬼刃2→鬼刃3で一気にダメージを稼げるので攻撃回数については意外とアバウトにやってます
まあこの辺は感覚に頼っているのですが、やりながら必要な攻撃回数が分かってくるので、そこまで理詰めでいかなくても、感覚でなんとかなるもんです
砥石はシェンが立ち上がって脚へは十分なダメージが蓄積されている時などの待ち時間に使用
そんな感じで、そこそこ怯みキャンセルも成功して、耐久値20%で無事クリア

・片手剣=イフリートマロウ
スキル:火事場力+2、砥石高速、アイテム使用強化
討伐時間:38分ぐらい
☆内容など☆
これも最初の流れは太刀の時と全く同様です
左前脚への攻撃もダウンを奪うまではテキトーに攻撃
そしてダウンさせてからですが、斬り上げ→1→2→回転斬り、の連携を1セットとすると非怒り時だと8セット目に怯むようです
怒り中だと9セット目に怯むっぽいです
ダウン中であれば、ずっとこの連携で数えられますが、移動中などはジャンプ斬りからの連携から入るので、その辺はジャンプ斬り分の余分な手数を踏まえた上で手数を調整しました
耐久値が20%まで下がった時に脚に蹴られて1死
急いで戻り撃竜槍を「オラー」とかましてから、わざと脚に蹴られて火事場再発動
その直後に耐久値10%ギリギリで、からくもクリア
砥石高速は、きちんとダメージ管理ができる方であれば必要無いと思いますが、あると少し便利でした
斬れ味ゲージの色を強引に一定に保つことで、より必要な手数が安定してくるし「今のタイミングで、どうしても手数を稼いでおきたいけど、斬れ味が落ちてて攻撃の回数が不安定になりそう…しかし研ぎ時間のロスは痛い」という時でも、強引に研いでいけます


総じて、自分の場合どの武器でもそうですが、理論的なダメージ数値に基づいての手数というより、かなり感覚で勝負しているので上で挙げた攻撃の回数分とかは間違っているかもしれません(笑)
なんか、うまく説明できないのですが、まず自分の中で攻撃回数の基準を設定しておいて、その基準でやったつもりでも蓄積値が足りなくて拠点を攻撃されてしまったり、まだ蓄積値が足りてないと思っていたのに早くに怯ませてしまたっりするので、その失敗を参考にして、やりながら微調整していくといった感じですかね…
もちろん、通常状態か怒り状態か、も踏まえての微調整です
通常時と怒り時の見分けはちょっとしづらいですが、慣れてくると見分けられるようになります
シェンの動きが大分速くなるし、通常→怒り、の切り替わる時はテオみたいに怒りキャンセルが起きてコマ送りのようになるので、すぐわかります


そういえば、粉が欲しかったので、久しぶりに求人でテオをやりました
もちろんでませんでしたがねorz
そして、相変わらず錆びクシャへソロで挑みましたが、あのザコの多さはなんなんだ!?
もうアホかと…
どこからともなくカッ飛んでくるイーオスと執拗に追いかけてくるガブラスはまるでヒットマン…
まあクリアできないことはないけどさ…
「ちょいと旦那、このクエはソロでやっちゃあいけねぇぜ、ストレスが溜まること請け合いだ、イーオスとガブラスはやばすぎる、そう奴らは北斗神拳を使う…」


別窓 | MH2ソロ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【砦蟹街】カニと私
2007-10-13 土
街蟹ハンマ

街襲撃がきていた模様
みてみると、シェンと錆びクシャです
いよいよ街蟹のリスト埋めにとりかかることができます
そして錆びクシャの素材も欲しかったので、「あら、いいですね~」

まず1回錆びクシャに超絶でいってきて、イーオスとガブにボコボコにされながらなんとかクリアー
いや~、一人でいくもんじゃないですね…
そして、いよいよ街蟹へ
武器はハンマーでいってみることにしました
スキルは『斬れ味レベル+1、砥石高速』の、武器は龍壊棍
1回目…失敗
でも、どの程度の攻撃で脚怯みが起こるのかを体感できたので、良しとします
「次が本番だぜ…」
そして2回目…耐久値30%にてクリアー!わーい
この時点で「このクエ面白いかも…」と思い始める
調子に乗りながら次は双剣にて挑戦
そして、ほとんどゴリ押しでしたが問題無く1回目で成功
「やばい、このクエ面白い」
この街蟹、ただ単純に攻撃しまくれば良い訳ではなく、怯み値までのダメージをギリギリまで蓄積させて、シェンの拠点攻撃の際に怯ませるのがキモになる訳ですが、これが他のクエでは味わえない独特なプレイ感覚です
うまいこと立て続けにキャンセルが続くと、もうまさに「ずっと俺のターン」状態
しかし、敵が怒り状態だったり、こちらの斬れ味ゲージの色、会心の発動などで、常に一定の手数でいいわけではなく、「あと1発当てておくか…」とギリギリまで攻撃を蓄積させようとして意図しないところで怯ませてしまって「プギャー!」となることもしばしば
「しかし、それもまた一興…」
そういうのも含めてとても楽しめるクエです
そして気付いてみるとハンマー、双剣、と今回やったのは、ラクな部類であろう武器のベスト3に入ると思われる2つ
さらに過去にクリア済みの弓は勇弓であれば間違いなく一番ラクな武器だと思われます
ラクな武器ベスト3制覇!
「フハハハ!私の力、思い知ったか!」
…虚しい
ということで詳細~

<ネコメシ>共通
温暖期:米虫+長寿ジャム

<アイテム>共通
回復
回復G
爪護符4つ
こんがり肉
ペイントボール
千里眼の薬
モドリ玉
砥石
キレアジ
強走G(双剣のみ)
ツボ緑(双剣のみ)

・ハンマー=龍壊棍
スキル:斬れ味レベル+1、砥石高速
討伐時間:38分ぐらい
☆内容など☆
まず、支給品のバリスタ6個と大タルGを回収した後に、採取でバリスタを集め計10個にして、いざ戦場へ
そしてすぐさまバリスタ撃ち開始
開始1分半ぐらい経過していれば、シェンの姿は見えていなくても、やぐらの下の辺りめがけて撃てばちゃんとバリスタが当たるので、さっさと撃ち切って、モドリ玉→バリスタ採取で再度バリスタ撃ち
そのあとは下に降りてシェンがくるのを待ちます
そしてエリア侵入時に左前脚へ大タルG攻撃をしたんですが、これは今思うと攻撃キャンセル用に使ったほうが良かったかも…
そして、脚怯みに対する攻撃の量ですが、お粗末なことに一回脚ダウンをさせた状態から数えないと自分はイマイチよくわからないので、まずはダウンを狙います
狙うのは左前脚1点集中で、溜め2、溜め3でとにかく攻撃
そしてダウンさせたら通常縦3を3セット
その後に溜め2を2回と、溜め1を1発入れたら他の足へ攻撃
拠点の攻撃の際に蓄積させてある左前足にレバー入れ溜め3からの溜め2を入れると丁度怯むので、そんな感じで繰り返しです
蓄積値がギリギリだったとしても、シェンがすぐに立ち上がらないタイミングなら続けて攻撃してどんどんダウンさせます怒り中の場合は、ほとんど感覚に頼っていましたがレバー下の横振り数初で刻んだり
そこまでギリギリじゃなくても、レバー入れ回転攻撃→溜め2はかなりのダメージ量になるので、そこまでシビアではないと思われます
そんな感じで38分ぐらいで討伐完了
耐久値は30%でした

・双剣=封龍剣【超絶一門】
スキル:斬れ味レベル+1、砥石高速
討伐時間33分ぐらい
☆内容など☆
まずはハンマーの時と同様にバリスタ攻撃
そして拠点の目の前にツボを埋めて、シェンが来るのを待ちます
左前足脚を狙っていくわけですが、脚の怯みに必要なダメージ量がよくわかっていないので、やりながら確認
どうやら乱舞6回入れると怯むっぽいので、ダウンさせた後に5回乱舞を入れておいて、攻撃をストップ
この時に調子に乗ってそれ以上乱舞しまくると、斬れ味ゲージ青、シェン非怒り状態、とかだと怯み値がダウン中に到達してスルーしてしまうっぽいです
これが原因で、蓄積させていたつもりが「あれ~?なんでキャンセルできないの?」と、かなり拠点攻撃を許してしまいました
しかし、そんなグダグダな状態でも、さすがは超絶
ゴリ押しでクリアできてしまいました
この龍属性は異常すぎる
耐久値は20%でした



と、こんな感じで慣れるつもりで簡単武器から
それにしても、このクエはなかなか面白い
火事場の勇弓でしかやったことがなくて、その場合だと怯みキャンセルなんて気にすることは全くの無問題で、それはもう弱いものいじめ状態…
他の武器をやってみて、なかなか新鮮な気持ちで臨めています
うん、いいことだ

別窓 | MH2ソロ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
コトワリ
2007-10-12 金
「おい、貴様ちょっと待て」
神経質そうな中年紳士が、調子の良さそうな一人の若者に声を掛けた
「え?俺?」
「そうだ、貴様のことだ」
「なんだよ、おっさん」
若者は、鬱陶しいな、といった態度でそう答えたが、この紳士の風体が自分の世界とはあまりにもかけ離れている存在だったので、無意識な好奇心からか、その呼び止めに足を止めて答えた
もしかしたら、おいしい話かもしれない
「おい、貴様は海人(うみんちゅ)なのか?」
「はぁ?」
全く予想のしていなかった紳士からの問い掛けに、若者は一瞬、虚を突かれ狼狽したが、すぐに冷静になって自分の今着ているTシャツのことだと理解した
「あ~コレ?デザインかっこいいっしょ?結構人気あるんだぜ」
「そんなことは聞いていない、もう一度言う、貴様は海人なのか?」
紳士は、先ほどと全く同じ口調で同じ質問を若者に投げ掛けた
表情は、まるで金属でできているかのような無機質な冷たさで、そこから、この紳士の意図していることは何なのか読み取ることはできなかった
若者は少し怖くなったが、その恐怖心が彼の口調の語気を強めた
「海人じゃねーよ!そもそも海人ってなんだよ?うぜーよおっさん」
「なんだと!貴様…」
紳士の口調は微かに強くなったが、表情は依然、無機質のままだ
「海人とは、沖縄の方言で漁師のことだ、貴様は漁をするのか?」
「はぁ?んなわけねーだろ」
「では、なぜ貴様はそのTシャツを着ている?」
「ロゴのデザインとかが気に入ったからだよ!うるせーな!大体なんでテメーにそんなこといわれなきゃいけないんだよ!」
若者の心は、すでに恐怖心を凌駕して、怒りに変わってきていた
しかし、紳士は若者から発せられるその怒りを感じ取っているのかいないのか分からないような態度で無表情のまま、あらためて若者の目を見つめさらに、質問を続けた
「そうか、貴様は今は海人ではないが海人を志すものなのか!もしくは海人に憧れているのだ!そうであろう?」
「何なんだよ!しつけーな!だから海人ってなんだよ!」
「何ぃ!まさか本当に海人に対しての関心は無いというのか?」
「だから海人って何なんだよって言ってるだろうが…」
若者は埒があかない、と思ったのか怒りもピークを超えてしまったので「何なんだよ…」と、踵を返して紳士の元から去ろうとした
去っていこうとする若者に対して、紳士は今までよりもさらに無機質な表情で、まるで念仏でも唱えるかのように独り言ちた
「理念や思想無き服装…実に不快だ」
遠ざかっていく若者の背中のある一点に視線を捉えたその直後、とても人間の動きとは思えないほ程の迅速な身のこなしで若者の位置まで踏み込み、瞬時に懐に持っていたブロンズナイフを抜き、流れるような動きで背中から若者の急所へナイフを突き立てた
若者は、何が起こったのか解らないような、悲しそうにもとれる表情で振り返り、紳士のジャケットの裾を掴んで、そのまま崩れ落ちた
若者が裾を放さなかったので、留められていたジャケットのボタンが引き千切れ、ジャケットは紳士の肩からずり落ちた
そして若者は薄れていく幽かな意識の中で最後にジャケットの裏地にある刺繍を見た
そこには金色の糸でこう書かれていた
“Gentleman(ジェントルマン)”と

それから、しばらく経った、とある日、紳士が女性に声を掛けていた
「おい、貴様はニューヨークが好きなのか?」





こういうのブラックユーモアっていうの?


別窓 | バカコラム | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【双 壁】そろそろ限界
2007-10-12 金
双璧ヘビィ

繁殖期です
個人的な感覚ですが繁殖期のクエは難度が高いのが多い…
4本角は後回しにして、「とりあえず双璧から」と、だましだましやっております
もちろん戦い方は5交互

まず大剣にて
スキルは『斬れ味レベル+1、見切り+1』にすることに
武器選びは、もうこのクエぐらいしか使い道がないだろう、という“蒼刃剣ガノトトス”
一度も使ったことなかったけど、せっかく面倒臭い古代魚釣りを経て作った武器なので、ここにて採用
実際行ってみると、他の武器に比べて腹を割るのが時間が掛かります
白は問題無いけど、黒のお腹がとにかく硬いこと硬いこと
2回目の挑戦で時間ギリギリでしたが、なんとかクリア

割とすんなり大剣がいけたので「もいっちょいこー」と、次はヘビィでいくことにしました
武器はグラン=ダオラでいこう、ということでスキルは『装填数UP、反動軽減+1』を選択
拡散は無しの毒弾戦法です
巷では「ガンナーは楽な方」だと、聞いておりますのでラクショーだと思っていたんですが、かなり苦戦しました…
とにかくライト、ヘビィに於いては問題なのが白の方が戦いづらいということ
全く意識しないで戦っていると、先に黒が死んでしまうので困ったものです…
この『白に対していかに有効に攻撃するか』というのが、慣れるまでに、時間が掛かりました
あとエリア5での入れ替わり時の、一瞬合流する時によく死にました
エリア侵入直後の咆哮がヘビィのシールドだとガードしても硬直が凄まじいので、そのままもう1匹の攻撃を食らって死ぬのが多かったです
常にペイントはしていたんだけど、戦っていると、つい夢中になってしまったり、ギリギリまで現在いる方に攻撃をしようとして、「パァ!でたぁ!」といきなり現れて咆哮、というのを、とにかく食らう…
こんな感じで大苦戦して2死しましたが、なんとかクリア
いやー、4本角を除くと、ここ最近の一番の苦戦を強いられました

<ネコメシ>共通
繁殖期:ミックスビーンズ+ブレスワイン

<アイテム>大剣
回復
回復G
爪護符4つ
こんがり肉
ペイントボール
千里眼の薬
モドリ玉
砥石
キレアジ

・大剣=蒼刃剣ガノトトス
スキル:斬れ味レベル+1、見切り+1
討伐時間:ほぼ50分
☆内容など☆
昼です
まず腹破壊に至って胸の部分を狙っていくわけですが、踏み込みが浅くて顔に当ててしまったりと、なかなかのグダグダっぷり
ほぼ抜刀斬りメインで、あとは背後に位置したときに溜め斬りで構え、振り向いてくるところへタイミング重視で胸へ攻撃
これが振り向いてくれればいいんだけど、そのまま後ろ向きでガス噴出とかがあるので、食らうこと数回
でも、高い防御力のおかげで大して問題無く、リターンを考えれば十分おいしいので、気にせず溜め斬りをしてました
尻尾は無理して狙いはしませんが、ガス噴出を後ろ側に避けた時などに、近くにあったらテキトーに攻撃
黒の方の尻尾だけ切断しました
腹破壊が、白24分ぐらい、黒30分ぐらい
「遅すぎる…」
破壊後は抜刀斬りメインで、足元にてテキトーに連携
この破壊後のヒット時の重い手応えが、たまりませんな!
そんな感じで白を44分ぐらいで倒して、その時黒はエリア4にいたんですが、急いで駆けつけるも、丁度エリア8への入り口付近にいて入っていこうするところ…
「お~い、待ってくれ~!」
と、テレビ画面に向かって叫んだところで声は届く訳も無し、スタコラとエリア8に入っていきました
残り時間が少ないので、仕方なく迷わずエリア8へ侵入
グラビの足元にてガブラスの攻撃を見事に右から左へと受け流しつつ、時間は刻一刻とタイムアップまで迫っていました
「早く死ねー!」と、奮闘していると、残り時間30秒ぐらいで「オァ~オ、オァ~オ」とエリア移動を開始するグラビ…
急いで納武器して猛ダッシュで「逃がさん!」と後ろから追いかけて、オシリの辺りに抜刀斬りにて一閃「…斬る!」すると「クエストを達成しました」の文字が!
いや~ギリギリ間に合ってよかったです
多分残り5秒ぐらいでした


以下ヘビィボウガンのアイテム

<アイテム>
調合書1~4
力の爪、護符
回復G
こんがり肉
ペイントボール
通常弾LV2
貫通弾LV1、2
毒弾LV2
水冷弾
カラの実x99
ランポスの牙x99
カラ骨(小)x99
イーオスの毒牙x99
ハリマグロx30
鉄鉱石x99

・ヘビィボウガン=グラン=ダオラ(シールド)
スキル:装填数UP、反動軽減+1
討伐時間:44分ぐらい
☆内容など☆
昼です
まずは腹破壊に向けて
黒に対しては水冷弾から使用して、無くなったら毒弾に~というコース
白には、ひたすら毒弾です
黒は、ほぼ的な状態なので全く問題無いのですが、白は突進が多くて、うまく動きをコントロールしていかないと、なかなか破壊ができません
最初はコレに大苦戦して、やっていくうちに剣士のような感じで立ち回り足元で戦うようにしたら、なかなかいい感じになりました
しかし、これも慣れるまでに何回か死にました…
これに至っては、あるヘビィガンナー様の攻略記事を参考にさせていたただきました
大感謝です
そして開始17分ぐらいで、まず黒の腹破壊完了、続いて22分ぐらいで白も破壊
ここからは黒には貫通1、白には貫通2と毒弾の残りを使用
しかしやはり、どうしても黒が先に弱ってしまうので、途中からは、黒はエリア5に残して、白を片追い
41分頃に白を倒して、44分頃に黒も倒してクエ成功~
錬金分の鉄鉱石も使うことなく、通常弾に関しては全く使いませんでした…
いや~難しかったです


これ以外に太刀でも少し挑戦してみましたが、ぜんぜん黒の腹が割れません…
ヘビィで苦戦したせいもあって、太刀に関しては今回はあっさりと心が折れました…

別窓 | MH2ソロ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【金桜竜】トール降臨
2007-10-11 木
金桜ガンス

引き続きイベントレイアでーす

ガンスにていってみることにしました
まずスキル選びに迷う…
理想的なのは『斬れ味レベル+1、ガード性能+1、砥石高速』あたりでしょうか
でも今の装備の組み合わせでは無理なので、劣化版の『斬れ味レベル+1、砥石高速』でいくことにしました

これが結構難しかった…
5回ぐらいやってようやく成功…
なんかガードとかで、どんどん削られていつのまにか体力が減っていたり、サマソの風圧などをガードしてしまって、スタミナをモリモリ減らされたり、そんな理由から死にまくり
戦い方も砲撃はほとんど使わずに、ひたすら身を固めてチクチク地味に攻撃するといった感じで、結構ストレスが溜まる
“生粋のバーサーカー”のわたくしにとっては辛い限りであります
散々打ちのめされて、ガンス使いとして、かなり未熟だということを思い知らされたのでした
2死したけどなんとかクリアして、以前にクリア済みだけど、記事無しのハンマーで“スタン祭り”によるストレス解消に行くことにする
スキルは自分の中の定番の『耳栓、砥石高速、ランナー』で行こうと思ったけど「あまりに色気がないではないか」といことで、それなりに緊張感を持ってプレイできる火事場でいってみることに
そうコレが色気
武器は“グレートノヴァ”
火事場による圧倒的な攻撃力でハンマーを振り下ろす姿は、まるで北欧神話のトールの如し
あっという間に次々とレイア達を沈めていき、「ワイバーンふぜいが!」と、う~んストレス解消

<ネコメシ>共通
寒冷期:ジャンゴーネギ+銀シャリ草

<アイテム>共通
回復
回復G
爪護符4つ
こんがり肉
ペイントボール
千里眼の薬
モドリ玉
砥石
キレアジ
小タル爆弾(ハンマーのみ火事場用)

・ガンス=ブラックゴアキャノン
スキル:斬れ味レベル+1、砥石高速
討伐時間:44分ぐらい
☆内容など☆
まずは金を寝かせて桜から
桜に対しては頭を狙っていくとこになるわけですが、集中して連携をすべて当てていくのが結構難しかったです
殆ど、斬り上げ→上突き→上突き、の連携でしたが上突きがリーチが短く攻撃の判定が線上では無く点で発生してる為に、遠すぎたりレイアが怯んだりしたらスカり、近すぎると頭を透過して首へ攻撃してしまう…
そして踏み込み突きと前方突き以外は前進力がないので、必然的に立ち回りの距離がレイアに対して近くなり、まとわりついてガードしながらチクチク攻撃する感じでした
そんな感じで開始20分ぐらいで桜昇天
続いて金
翼を狙うので、こちらはほぼ、懐に入りガードを固めての上突きのみ
桜よりもさらに近距離で、よりガード多めです
上突きだと白ゲージでも青ゲージでも3発入れると怯むので、非怒り状態では例によっての怯みループ
連携の1発目で怯ませ続いて2、3と入れ、方向合わせしてくるところへ、また1発で怯ませ2、3とループ
怒り中は方向転換後のレイアの何らかの攻撃を1回やりすごしてから、また翼へ攻撃といった感じ
44分ぐらいで金も倒してクエ終了
なんかこの文章だけみてると、自分でも死ぬ要素が無さそうに見えるんだけど、ほんとによく死にました
無理して手数を欲張ったり、スタミナ切れになってのガード不可とか、ゲージ青での堅い部位へ攻撃してしまっての弾かれ後の被ダメとかかな~

・ハンマー=グレートノヴァ
スキル:火事場力+2、砥石高速、アイテム使用強化
討伐時間:23分ぐらい
☆内容など☆
まず支給品の大タルGと手持ちの小タルで体力調整
こちらも先に桜と対戦
問題なのは咆哮ですが、ハンマーの場合、スタン後にくることが殆どなので、スタン時に縦3を2セット入れた後はレイアの左足のところまでいき、蹴られて硬直キャンセル
それ以外のタイミングできたとしても、頭への攻撃は2発程度で怯みが起こるので、怯み後はいつでも左足のところへいけるように準備
そんな感じで耳栓がなくても特に問題はなかったです
開始12分ぐらいで桜死亡
金も全く同様に戦い開始23分ぐらいで討伐完了です


ということで、今回のイベントで埋められたのは2項目だけでした
ガンナーは難しそうなので、つい先へ先へと延ばしてしまいます
まあのんびり埋めていきます

別窓 | MH2ソロ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【MH2】チラシの裏
2007-10-10 水
ソロリストwikiに登録してまして、御覧の様に日々リスト更新に勤しんでいる訳ですが、それにあたっての心構えというか、目的というか、「なぜソロでやるか?」みたいなことに対する理由などを述べてみようかなと思った次第であります
もしかしたら各プレーヤーの皆様に対して批判的な内容に聞こえてしまうかもしれませんが、そのような姿勢ではありませんので、そこのところ汲んでいただければ幸いです

まずこのゲームはオンラインゲームでして、パーティプレイが前提としてある訳ですが、クエストの難易度のバランスが絶妙で武器を限定しなければ全てのクエストがソロプレイで攻略できるように設定されています
自分にとってオンゲーを遊ぶに当たってこのバランスというのはかなり重要でして、パーティプレイはまた違った楽しみがあるので大好きですが、自分の性格が自分でも自意識過剰だと自覚しているのですが、必要以上に他人に対して気を遣ってしまう性格なので、故に疲れている時とかはボケーと一人で遊びたかったりもします
しかし、そういう時に一人では、どうしてもクリアできないクエストがあったりすると個人のプレイの仕方というのに制限が掛けられていて自由度が無いと感じてしまうので、本当にこのMH2のその辺のバランスは素晴らしいと思います

実は今やっているのは2ndキャラで、しばらく引退していて半年前ぐらいに復帰したんですが、以前は普段の生活の上でゲームをする時間にあまり余裕が無く「1クエで30分以上?考えられない…」という効率派だったし、4本角、双璧、を筆頭に他難易度の高い2頭クエなんて「ソロ攻略は不可能」と思ってました
こうした勘違いから、時間的に余裕も無かったことも相まって、このMH2は発売日からプレイして、初めて祖龍が配信された辺りを期に殆どやらなくなり、ガルルガイベントが初配信されたあたりで完全に引退してしまいました
その時のこのゲームに対する印象は「パーティプレイを強要の仕様、遊び方に自由度無し、アクション性は面白いけどイマイチなゲーム」という認識でした
しかし、引退してからしば~らくたって何気なくネットでMH2の動画などを観てみると先人の神プレーヤー達が残したソロプレイの動画が沢山あった訳です
それによって全てのクエをソロ攻略可能ということを知り、自分の勘違いによって誤って認識していたこのゲームのバランスを再確認しなくては、と、時間的に余裕もでてきたので、復帰を果たし、いざソロ攻略に挑むことになったのであります

復帰後は『どの武器を使ってもいいから、とりあえず全クエをソロクリア制覇する』というのを目標に掲げて、先人の賢者達が確立した交互法などを参考に、そして、4本角では大苦戦しましたが、なんとか達成しました
そして、いよいよ「やることが無くなっちゃったなぁ」という時にソロリストwikiの存在を知り「じゃ他の武器でもやってみるか」と、いうように現在に至る訳であります
そこのところの経緯については、以前に「難クエはソロ攻略不可」と努力することもなく思い込んでいた自分に対して愚かさを感じて自分を戒めるつもりで「どれ、可能なことならやってみよう」とソロリスト攻略に臨んだのかもしれません
「たかがゲームに何をそこまで真剣に考えてるのさ?」という突っ込みがきそうですが、「たかがゲームだから攻略したい」と思ってしまうのです

自分にとってゲームとは娯楽であり、ささやかな現実逃避の手段です
そして、このMH2というゲーム内に於いての“ソロ攻略”というのは現実にある努力すべきものに比べてしまえば、努力次第でどうとでもなるものだと思っています
現実では精一杯努力しても、どうしようもならないことが多く、そういうことに比べたらMH2のソロ攻略なんて、ささやかな努力で結果がくるものだと思います
そして、ささやかな努力をすれば殆どの人がクリアできるレベルだと思っています
一つ例を挙げますと、自分はピアノを弾いていますが、ある程度のレベルになると、努力がなかなか反映しづらくなって維持するだけでも精一杯になってきます
まあこういうものは個人の才能にもよりますが、多くの何かを犠牲にしなければいけないような膨大な努力を必要としますし、それに比べてしまえばゲームに於ける努力なんてものは、やればすぐに結果が出る些細なものだと思っています
こう思っていることから、ソロ攻略をできないと、自分がどうしようもなく能力値の低い人間に思えてしまって、「たかがゲームすらまともにプレイできない」と、娯楽であり、現実逃避である楽しい時間が楽しくなくなってしまうんです

でも、もちろんMH2のソロハンター様達の功績を貶めているつもりではありません
“些細な努力”といいましたが、やはりそれは時間と気力を要するものだし必ず“努力”という過程が存在しています
程度が違っていても、それは功績を称えられることには間違いありません
そして「ソロなんて自分には無理です」という理由でパーティプレイ専門のハンター様達を蔑んでいるつもりもありません
人それぞれ、どこに楽しみ方を置いているかは違うので自分のプレイスタイルを全て基準に見てはいませんし、「ソロクリアできないと自分自身が納得できない」と私が私の場合に於いて思っているだけです
それに、自分もそうでしたが、時間さえ掛ければ、ソロ攻略なんてできるようになるもんです
よくオンにて、「復帰組です」と自己紹介すると、「なんで復帰したんですか?」と大抵聞かれますが、「ソロ攻略したいと思いまして」と、言うと社交辞令かもしれませんが「すごいですね~自分には無理ですTT」なんて言う人がよくいるんですが、「ヘタクソが!」などとは微塵も思ってなく「時間さえ掛ければできますよ、私ヒマなんです(苦笑)」などと謙遜などではなく本心で、そう言ったりしています

長くなりましたが、こんな感じでソロリスト埋めに臨んでいるわけでして、どうでもいい決意表明でした
う~ん、まさにチラシの裏
読んで不快感を感じた人がいたらごめんなさい
別窓 | MH2雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【金桜竜】サムライ道
2007-10-10 水
金桜太刀

ドンドルマでは金桜イベント中、ということでリスト穴埋めです

武器は最近面白くなってきた“太刀”でいくことにしました
スキルはどうしようかと少し迷いましたが、『斬れ味レベル+1、見切り+1』でいってみることにしました
ということで、武器は『鬼神斬破刀』にすることに

結果は1回で成功
なんてことはないクエですね
ここんところの日頃の行いが良いせいか、咆哮からの即死コースもなく耳栓なくてもなんとかなりました
そして秘境レウスでもそうでしたが、バシバシ怯むので桜より金の方が戦いやすいです
翼も縦斬りでどんどん狙っていけるので金レイアに対して太刀はかなり相性がいい武器だと思いました

<ネコメシ>
温暖期:米虫+長寿ジャム

<アイテム>
回復
回復G
爪護符4つ
こんがり肉
ペイントボール
千里眼の薬
モドリ玉
砥石
キレアジ

・太刀=鬼神斬破刀
スキル:斬れ味レベル+1、見切り+1
討伐時間:32分ぐらい
☆内容など☆
乱戦拒否の片方を端で寝かせての分断戦闘です
閃光は使わないのでテキトーに近くにいた金を寝かせて先に桜と戦いました
桜に対しては頭を狙っていく訳ですが、これがやっぱりなかなかまとまった攻撃を入れづらく、せいぜい入れられたとしても安定するのは3連携ぐらいまでで、サマーソルトに対しては着地する直前に頭の位置に縦斬り→鬼刃1として、そのまま1回転で終了なら斬り下がりまで繋ぎ、2回転目がくるなら斬り下がりを入れないで右回避とやっていました
噛み付き攻撃には正面から鬼刃1→突き→斬り下がり
ブレスにはレイアの右側からなら鬼刃1からの連携で左側からなら縦斬りからの連携で斬り込んでます
「結構時間掛かるかな~?」と思ってたんだけど、手応えの割には思ったよりも結構なダメージが与えられてるようで、開始16分頃に崩れ落ちる桜レイア
続いて金と戦闘
こちらは銀レウスと一緒で翼にに対しては、縦斬り、鬼刃1、斬り下がり、程度の威力の攻撃なら2発で怯むので、常にあと1発で怯む状態をキープするように心がけました
レイアの何らかの攻撃をかわした後に、向かって右側、レイアの左の翼へ縦斬りで斬り込み怯ませて、怯んで下がった翼にそのまま連携で鬼刃1を入れて右回避、その後にこちらに方向転換してくるところへさらに翼へ縦斬りでまた怯み、そこへ鬼刃1→右回避と非怒り状態ならこれでループします
そして、この位置で立ち回っていると、咆哮に対しても左足に蹴られにいく咆哮硬直キャンセルがやりやすいです
怒り状態でもほぼ同じで方向転換後の攻撃を一回やりすごしてから同様に翼に縦斬り→鬼刃1→回避、やりすごしてから攻撃といった感じ
そんな感じで開始32分ぐらいで金も沈みクエ終了です


いや~太刀が面白いです
敵との相性もありますが、こんなに戦える武器だったなんて思ってなかったです
太刀という武器は簡単にいうと片手剣と大剣の中間的な感じだと思うんですが、以前はかなり片手剣側に近い感覚で使っていたんです
連携による手数重視といった感じで
でも色々練習していくうちにどちらかというとかなり大剣に近い感覚なんだなと思いました
そこを意識するようになって大分まともに戦えるうになったかな~と

そしてそのあとに笛でもやってみましたが、なんじゃこりゃ
先に金と戦ったんですが金倒すのに35分も掛かってしまいましたよ
ハンマーがかなり相性がいいので「いけるんじゃね?」なんて思ってましたが、いや~笛の攻撃力の弱さを侮ってました
こりゃキツイです


別窓 | MH2ソロ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
天才を見た
2007-10-09 火
そうあれは昔の話…

中学1年のときに遠足で川越までいくことがあり、内容は観て回る箇所がいくつか決まっていて、そこを班に分かれて各班ごとにルートを自分たちで設定して各所を巡るといった趣旨のものであった

当時、私は“ナイフみたいに尖っては触るもの皆傷つけた”とまではいかないが、多少、トンガリキッズな子供だったので、「くだらね~」と、不遜な態度でダラダラと川越の町を歩いていた
しかしながら、土地勘が全く無いために“川越観光”という遠足の趣旨に対する関心とは無関係に自然と必要以上にキョロキョロとしてしまうものだ
そんな感じで何気なく辺りを見渡した瞬間、私の目に驚くべきものが飛び込んできた
それは、まさに空前絶後!驚天動地!
鬱屈していた気分から何かに覚醒させるかの如く、私の中の何かを刺激したのであった

それは、どこでも見られるような壁に貼られた選挙のポスターで、人物は民主党の『菅直人』氏であった
そこには信頼感を漂わせ安心感を与えるような表情の氏の写真が載っており、その左側にはゴシック体の白い文字で大きく“菅直人”と縦書きで記されていた
と、ここまでは、いたって普通の選挙ポスターなのだが、心無い人の仕業なのであろう、そのポスターに落書きが施されていたのである
しかし、その落書きは教科書の人物写真に対する落書きのような低俗なものではなく、大胆且つ、非常にシンプルに名前の部分にこう施されていた

『ち菅直人と』

いたってこれだけの落書きである
一見この意味不明に見える文字を書いただけの落書き
しかし、一度声に出して読んでみたらどうであろうか…
まず全て平仮名に変換してみるとしよう

『ちかんなおとこ』

もう既にこの時点でお気付きであろう
さらに変換してみるとする

『痴漢な男』

なんという高尚な落書きだろうか
これを書いた本人は相当の切れ者だろう
かなりの天才である
私はこれを“知らない土地”で発見したということが相乗効果にもなって
「世の中にはスゲー奴がいるもんだ、世界は広い…」
と、この時に受けた衝撃は今でも私の中に爪痕を残している

別窓 | バカコラム | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
【双魚竜】かわいがり
2007-10-06 土
双魚ヘビィ

ソロリストの穴埋めです

温暖期ということでトトスにいってみました
戦い方はエリア4のカエル交互

まずは太刀にて挑戦
スキルは『斬れ味レベル+1、見切り+1』にすることに
武器の選択肢は“天上天下無双刀”か“鬼神斬破刀”だったんだけど斬破刀の方が白ゲージが長いので、こちらにしました
ていうか無双刀は白ゲージ短すぎ…
そして、いざクエストへ
「わかる…わかるぞ!」
大分、太刀の戦い方に慣れてきたせいか攻撃の連携のさせ方が分かってきた!
次にどの攻撃をすればよいか?どこまでで連携をストップさせればいいか?斬り下がりの使い方は?各種攻撃の軌道は?というのが意識しなくてもなんとなく自然に動きます
ソロリストに参加する前は太刀は一番苦手意識のある武器で、武器性能とかも自分の中では“ダメな子”扱いだったんですが、フルフル赤白攻略の際に何回も失敗を繰り返して練習したおかげで“やればできる子”ぐらいには上がりました
今、考えてみると赤白ソロが太刀入門にとてもよいエクササイズになったんだな~思いました

そしてクエストは1回目で成功~
前にやった時よりも戦いやすかったです
武器に慣れたのもそうだけど、大剣、太刀に限っては、ある程度サイズが大きい方がやりやすい気がしました
ブレス誘発後の腹への攻撃がサイズが大きいと十分な空間があるので、斬り込みやすかったです

そして次はヘビィにて挑戦
スキルはもちろん火事場です…
武器は装填数の多い武器が有効な気がしたのでディスティをチョイス
「攻撃を食らう要素は無い!」なんて思っていたんだけど、思ってる以上に腹這い突進がウザイことウザイこと
エリア4が狭いのでエリアの際のラインに引っかかっての訳の分からない攻撃方向や、際に沿っての攻撃持続など、かわしたつもりでもすぐ近くに停滞していて攻撃持続で「プギャー!!」と、もうまさにそこは亜空間の如し
どうやら、「このタイミング、この距離なら回避できるな」と無意識に判断してかわそうとしてしまうクセがあるようで、普通ならかわせるんだけど、なにせそこは亜空間…
「またやっちまった!」と、轢き殺されること数回…
もう、亜空間の恐怖に耐えかねて割り切って全てシールドで防御することにする
「腹這いはガード…腹這いはガード…腹這いはガード…」
と3回唱えてあらためて挑戦したら、なんと「あらいいですね~」
「お前ちょっと来い!」と釣っては「気合入ってんのか!?」と蜂の巣に…釣っては蜂の巣に…の繰り返しで、それはまさにシゴキ
ということで、ちょーラクショー!でした

<ネコメシ>共通
温暖期:米虫+長寿ジャム

<アイテム>太刀
回復
回復G
爪護符4つ
こんがり肉
ペイントボール
千里眼の薬
モドリ玉
砥石
キレアジ
釣りカエル
音爆弾

・太刀=鬼神斬破刀
スキル:斬れ味レベル+1、見切り+1
討伐時間:37分ぐらい
☆内容など☆
基本的にブレス誘導から腹へ攻撃してます
かわしてから腹下へ潜り込み、縦斬り→縦斬り、と繋いで前方回避でトトスの後方へ抜けるを基本として、回転攻撃が確認できたら、縦斬り→縦斬り、から鬼刃1以降の連携に繋いでいって脚を攻撃してました
あとはタックルの戻ってくるオシリの辺りへ縦斬りなど
ちなみに鬼刃ゲージは釣り上げ後の攻撃で溜まるので、まったく意識する必要はありませんでした
32分頃にノーマルが死んで、あとは追いかけて37分ぐらいでクエ終了


以下、ヘビィボウガンのアイテム

<アイテム>
調合書1~3
爪、護符4つ
回復薬
こんがり肉
モドリ玉
小タル爆弾
音爆弾
通常弾LV2
貫通弾LV1、2
カラ骨x99
ランポスの牙x99

・ヘビィボウガン=ディスティハーダ(シールド)
スキル:火事場力+2、アイテム使用強化、悪霊の加護
討伐時間:28分ぐらい
☆内容など☆
通常弾メインと貫通弾メインとどっちでいくか迷いましたが、貫通弾メインでいってみることにしました
まずは攻撃をわざと食らって小タルで体力調整して火事場発動
通常弾と貫通弾の使い分けはテキトーです
なんとなく気分で…
貫通弾はLV2から使い、途中から通常弾も尽きて、あとは貫通LV1をひたすら調合撃ち
釣り上げ後は、有効な攻撃ができなさそうな気がしたので調合したり肉食べたりしてました
先に亜種の方が弱ってしまったので、倒してしまわないようにある程度攻撃したら放置しました
26分ぐらいで、ノーマルが死んで、28分ぐらいで亜種を倒しクリアです
う~んはや~い
剣士ではカエルが足りなくなるのに、カエルが3個余りました
火事場つよ~い


さて、明日は寒冷期です
寒冷期のクエは大分埋まってきているので、いよいよ武器の選択肢が少なくなってきました
なので“百花繚乱”をリストに追加しようかと考えてます
あと、個人的に4本鎌ガンナーがかなり難しいです
グラン=ダオラでやっているんですが、調合分をあまり使うことなく、ろくに攻撃できないまま、時間だけが過ぎていき時間切ればっかり…
もうどうしていいかさっぱりわかりません
別窓 | MH2ソロ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 生きるだけで精一杯 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。