スポンサーサイト
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
オッス!オラ極右!
2007-08-21 火
更新が、ほぼ一ヶ月ぶりじゃないですか

日付見てビックリ、お茶飲んでマッタリ、パンチラ見てモッコリ


バカコラムの方向でやっていこうと思ったんですけど、なかなかネタが思いつかず、己の未熟さを知り、皇居に向かって敬礼!した次第であります


こだわらず、細々とやっていくことにします
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
七の大罪
2007-08-21 火
最近『NANA2』を観ました
かなり寒い映画でしたが、前作よりかは大分ましだと感じました

わかったコトが一つあります

『原作がつまらないからどうやったって面白くなる訳が無い』

むしろ映画はスタッフ、キャスト、かなり頑張っている方だと思います

さて、この漫画は、今は、やや人気も下がっているようですが、少し前はバカみたいに人気があり、以前私がバイトしていたバイト先でも女の子達の間で「ちょ~面白いヨ!」と、よく話題に挙がっていました

どんなもんかと思い、すぐさま全巻読み倒しました(確か当時は8巻ぐらいまで)
読み終えて、私は愕然としたのを今も憶えています

『人と人は、絶対に分かり合えないんだ』

これは、勿論、漫画の内容の感想などでは無く、この漫画を面白いと感じる人達とは、この世界に於いて相容れないと感じたのです


ここから、個人的な漫画批判になりますが、言っておきたいので言わせてください

まず、プロットが、ちゃんとできてないくせに、効果的な演出だけ利用しているのが、とても気になりました
各話の冒頭に頻繁にでてくる
「ねえ、ナナ…あの頃はOOだったね」
みたいな、最終的な結末を曖昧にぼかして、敢えて進行中のストーリーに絡ませてくるパターンです
これは非常に効果的な手法で、それだけで、
「で、結局最後はどうなるの??」
と、読んでいる人は気になるのです
これに関して、ある程度、話全体のプロットができていれば、全く気にならないのですが、読んでいると、そうではないことがすぐに分かります
もう、この演出がとにかく、あざとくて読んでいて不快になりました

それと、もう一つ
バンドの人達を描くセンスが古臭い
音楽に対する造詣が無いくせに、そういった設定を持ってくる
“平凡な女の子の別世界への憧れ”ならバンドじゃなくても“芸能人”という設定でも良かったハズです
しかし、バンドという設定は個々のキャラクター達を絡ませやすいので、これまた安易にそういう設定にする

大体、今時あんな格好したパンクバンドは日本中探したってどこにもいないと思います
あれじゃあ、ビジュアル系バンドです
そして、取って付けた様に

『セックスピストルズ』

レンは南京錠のネックレスまでしちゃっています

これは個人的な感覚ですがファッションというのは、人間性や思想を具現化したものだと思っています
当時のセックスピストルズがまさにそうだと思います
しかし、今の時代に上っ面だけのマネっこファッションなんかしたって、とにかくダサいだけです

そして、これまた取って付けた様に

『好きなブランドはヴィヴィアン・ウエストウッド』

しかも、これまた取って付けたような今さら感満載な

『アーマーリング』(コレが流行ったのは、それよりチョイ前です)

オシャレ感を演出したいんだろうけど、もう全てがズレてるんです
もう、とにかく“アイタタタ…”の連続で…


ところで、なんでここまでボロクソに言うかというとですね、ヴィヴィアンって結構好きなブランドの一つだったんですよ
しかし、矢沢あいによって蹂躙され、大崎ナナ=ヴィヴィアン・ウエストウッドのイメージができてしまったので、自分の中で、かな~りイメージが悪くなってしまったのです
色々批判しましたが、結局そこなんです

自意識過剰なのかもしれませんが身に着けてて

「ナナの影響だ~」

と思われるかもしれないじゃないですか
こういう感覚っておかしい?




この罪は海よりも広く谷よりも深い…

ゴゴゴゴゴゴゴ…


別窓 | バカコラム | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 生きるだけで精一杯 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。